HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

最近のPCR陽性者数から死亡者数を推測する(個人的メモ)

当初書いた以下の内容にスプレッドシートモデル作成上の大きな間違いが見つかった。人の死という非常にセンシティブな内容であるため、14日時点でのデータ、スプレッドシート等に置き換えた。以前のものは反省を込めて追記に回したい。@kenmomd さんの年齢年…

移動量とCovid-19感染のデカップリング(個人的メモ)

東京での感染拡大の報道を受けて、人々の移動量と感染の統計について、自分で少しは調べなければと想っていたら、@ma_pressさんが全面的にやっていらした。再生産数Rtと人流の関係が外出制限前後でどう変化したか、日本とドイツで比較。日本はほとんど変化が…

マルチレベル選択とジェイン・ジェイコブズ

池田先生と先日社会進化論(Social Darwinism)について議論させていただいた。先日の自民党の「進化論」をめぐる話しからだあった。いや文化は目的論的な進化(長期記憶で継承される)で、生物の進化とは違うのです。もちろん記憶は遺伝しないが、それを訓…

Covid19の米国における大規模症例分析(個人的メモ)

しばらく前に米国の132万件もの大規模な症例をまとめた論文があることを教えていただいた。ツイッターすごい!www.cdc.govとりあえず、一番私にとって重要と思われる各年代別の死亡率の表を日本語でまとめなおした。 Coronavirus Disease 2019 Case Surveill…

Covid-19 PCR陽性者の年代別分析、インフルエンザとの比較、結局は接触アプリ!(個人的メモ)

東京都の感染者が100名を越えたとのことで、驚いている。正直、せめてもう少し先だと想っていた。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200702/k10012492591000.html ここのところ、不定期に東京都の感染者のリストをcsvで落として分析している。arrayfor…

「移動」(mobility)と感染(個人的メモ)

自ら「グラフ職人」とおっしゃるほどすばらしい分析をされているbirdtakaさんの一連のツイットを拝見した。見事に分析されていらっしゃる。特に目を引いたのがこちらのグラフ。東京都内の「移動」(mobility)とRtの相関が示されている。 https://twitter.com/…

社会科学と進化論

浅薄な知識ながら進化論を批判の対象にすることに違和感がありいくつかツイートした。「革新」と言われた政治的諸派はなんらかの形で社会主義的活動に軸足を置いていて、そして19世紀以来の多くの社会科学はダーウィンの影響を受けているだろうと。ご主張に…

対話型データベースとしてのG Suite、スプレッドシート

ある方からスプレッドシート特有の関数、機能について手ほどきを受けた。importhtml、queryとarrayformuraだ。importhtmlでホームページのtable要素、list要素をリアルタイムで取り込むことができる。queryは取り込んだ表をフィルターや、ソート、カテゴリー…

Covid19大流行の国とそうでもない国(個人的メモ)

@J_Sato さんのBCG仮説が次第に注目されてきている。私も力任せに、人口三千万人以上の国のCovid19感染状況とBCG接種状況を集計してみた。docs.google.comソースは、Worldmeterと教えていただいたこちら。BCGは完全なデータベースがどこにもないですが、一覧…

「超勉強力」

やはり、中野信子先生はすばらしい。好きなことを好きだと言える、好きなことをここまで極められるお姿がすばらしい。コンビニで。中野先生、本当に惚れちゃう。フェミニズム的に問題あれば、尊敬しまくる! pic.twitter.com/PhS2WqR1Kz— ひでき (@hidekih) …

厚労省大規模抗体検査結果の発表

待ちに待った発表があった。結果はかなり予想外ではあったが。 厚生労働省は、今月1日から7日にかけて人口が一定規模ある地域のうち、10万人当たりの感染者数が最も多い東京と大阪、最も少ない宮城の3都府県で、無作為抽出した20歳以上の男女合わせて7950人…

K値とゴンペルツ曲線は同じ(形式で表現できる)

本当にきちんと数学を勉強してこなかったことが悔やまれる。こんな明々白々なことがきちんと言葉にできなかった。答えそのものを教えていただいているのに、36時間も目の前に書いてあることが理解できていなかった。恥ずかしい限りだ。まずは、教えていただ…

新型コロナウィルス対策としての健康促進

私は強い経済再生論者だ。先日、健康診断を某所で受けてきた。偶然、安倍首相も人間ドックを受診されたと聞いた。www.sankei.com片方で、いまだにあちこちでタバコを吹かしている方々を見かける。若年層でも重篤化の大きなリスク、オッズが指摘されているの…

ゴンペルツ曲線とCovid-19関連死予測

ただいま勉強中。マニアック素人として、ロジスティクス、ロトカ=ヴォルテラ、SIRなどを「いじって」きた者としては定常状態に至る道筋が見えるゴンペルツ曲線は興味深いと。 ゴンペルツ曲線とは何か?(1) - Qiita まずは、お手本をそのままスプレッドシー…

人口予測と感染予測

昨日、永江さんが人口問題の方が新型コロナウイルスより重大であるというツイットをされていて共鳴した。日本は年間百万人以上死ぬ老齢国家だ。少なくとも第一波、第二波で千人以下しか死ななかった新型コロナウィルス禍と比べれば、年間で千倍の重要度とい…

「新型コロナウイルス 脅威を制する正しい知識」

新型コロナウィルスについての様々な問題を冷静に語ってくださっている。どうしても、ウェブ等の知識だけだと偏りがちなところにお灸を据えられた感じ。水谷先生はど正論を書かれている印象を持った。新型コロナウイルス:脅威を制する正しい知識作者:水谷哲…

IMAX版AKIRA、あるいは人類の災禍の隠喩

もう何回見たかわからない。何回読んだかわらかない。でも、2020年にIMAXで見れる幸せを実感した。hpo.hatenablog.comhpo.hatenablog.com1988年、31年前のフィルムをIMAXの大画面に映し出しても、まったく劣化を感じない。冒頭のバイクのシーンの暴力の迫力…

新型コロナウイルスとべき分布(個人的メモ)

いつか書きたいと想っていたが、緊急事態宣言下では不謹慎のそしりをうけることになると想い控えていた。おりしも、米国では騒乱が起こっている一方、久しぶりの有人宇宙飛行に成功したという。空間、時間、人、事象、いろいろな粗密を強く感じる。edition.c…

「感染症パニックを防げ :リスクコミュニケーション入門」

久しぶりに本屋に入って手にした。大変興味深く拝読した。誰もが新型コロナウィルスの不安に悩み、いろいろな場面でリスクをどう受け止めるかという課題を抱えている中、広く読まれるべき本だと想う。「感染症パニック」を防げ!~リスク・コミュニケーショ…

K値のDIY、感染は指数関数的増加ではない(個人的メモ)

前回、K値について理解を深めるためのエントリーを書いた。今回は自分の手持ちのデータをもとにDo It Yourselfで計算してみた「感想」。hpo.hatenablog.comK値が示しているのは新型コロナウィルスの感染は、各国のデータを見ても指数関数的ではなく増加率を…

K値の線形的わかりやすさとデータに対する謙虚さ(個人的メモ)

どうしても指数関数的、折り込み的な増加は一般に理解しがたい。いや、私も文系素人なので人のことは全く言えないのだが、今回の新型コロナウィルスのような場合はこの違いが顕著になる。正直、当初、K値について聞いた時はなんと単純な指標だろうと。これで…

帰国・入国者検疫スルーは勘定に入れません(個人的メモ)

この数日、緊急事態宣言の一都三県継続をなんとか民意で止めさせられないかと必死の思いで政治家の方々を中心に「医療経済学分析」のエントリーをレス付けまくった。だれも反応してくれなかった。まだ何日も何日も私の属する地域経済クラスターの方々が苦し…

「素晴らしい新世界」

今頃読んだ。アフターコロナを考え、「ハーモニー」を見、「レダ」を思い出しながら読んだ。大変興味深かった。 すばらしい新世界〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫) 作者:オルダス・ハクスリー 発売日: 2017/01/07 メディア: 文庫 正直、SFファンを自認しながら5…

命の値段、医療経済学からパンデミックを見る

「パンデミック・シミュレーション」という本を拝読した。国立感染症研究所の研究者の方が書かれたと認識している。当初、数理シミュレーションを期待して読み始めたが、医療経済学に関する見解が興味深く、今回なぜ議論されないのか不思議に感じた。パンデ…

日本のPCR陽性者は0.6%存在するのか?(個人的なメモ)

昨日、用事で外出している間に様々な情報が入ってきて、理解するのに時間がかかった。とりとめないが、自分のためにメモとしてまとめておきたい。まず、東大児玉先生Zoomの記者会見を永江さんに教えていただいた、繰り返すが外出先で。ようやくほぼ最後まで…

「自粛効果」は全くなかったのか?(個人的メモ)

私の立ち位置は基本経済クラスター。人として無論「コロナ死+経済死」の最小化が一番望ましいと考えている。ただ、経済クラスター的にはどちらかというと自粛が効果がないと主張することがポジション的にはかなっている。経済的な対策については若干まとめ…

ウィズコロナと「経済政策で人は死ぬか?:公衆衛生学から見た不況対策」

ファクトベースで言えば現状を再認識しよう。ようやく緊急事態宣言が解除される先行きが示された。東京などいくつかの都市圏があと半月あまり継続されるという。PCR陽性が本当に「ファクト」か疑念がる。世界的には死亡者数が国別の被害状況の指標となってい…

Covid-19関連超過死の統計、欧米の予測

まずは、EUROMOMOから。重要なサイトを教えていただいた。おそらくフィナンシャルタイムズ、欧州に関してはここから引いてきたものと思いますhttps://t.co/CpqzJk6i79https://t.co/AbssASt98V— Sugiyama Jun (@genki2010) 2020年5月9日 欧州の(多分)民間N…

コロナショック経済のハンマー&ダンス

日本における疾病としての新型コロナウイルスはだいぶ先が見えてきているように想う。関連疾病のハンマー&ダンスで言えば、ようやく日本も「ダンス」の時期の入り口に立てたのではないだろうか?次は経済だ。medium.com各国の動向を見ても、例えばWorldmete…

新型コロナウイルス関連死の年代別特性(個人的メモ)

フィナンシャルタイムスの「超過死」のグラフを見て、G7加盟国を始め、多くの国の平常とは違うレベルの死者数に驚き、世界がえらいことになっていると再認識した。ひと通り探してみたが、日本はどうなっているか調べたが統計が出てこない。そんな時、はてな…