HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

進撃の巨人 26巻、27巻 ネタバレあり

コンビニで27巻を買った。読んではみたものの、ストーリーが全く理解できなくなっていた。進撃の巨人(27) (週刊少年マガジンコミックス)作者: 諫山創出版社/メーカー: 講談社発売日: 2018/12/07メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る「えっ?…

ボヘミアン・ラプソディ

Queenの曲が耳から離れない。頭の中でエンドレスで"Bismillah! We will not let you go"から"Mama mia, let me go"あたりまでがリフレインしている。www.youtube.com歌詞が非常にミステリー。殺したのは本当に他の誰かなのか?それとも、自分自身なのか?ニ…

ラミ・マレックのフレディー・マーキュリー

前評判が高すぎたせいか、ちょっと期待しすぎていたのかもしれない。ラミ・マレックがフレディーになりきっているという話だったが、脚本がラミ・マレックに当て書きしているのではないかと思うくらい、いつものラミ・マレックにしか見えなかった。www.foxmo…

「カメラを止めるな!」

これまた機内で見た。ほぼ予備知識なしで見たので、結構びっくり。kametome.net二重の意味で監督がなにかのはずみに気合がはいっちゃうとこうなるのかなと。ハプニングがどこまでが意図的で、どこまでが本当のハプニングなのか?考えてみれば、二段落ち展開…

万引き家族 : 子供の素直さ(ネタバレあり)

わざわざネタバレうんぬんをいわなくとも、ほとんどの人はこの映画を見ているのだと思う。間接的に伝わる是枝監督の主張に共感できず積極的に見るつもりもなかったが、出張の飛行機で見てしまった。www.youtube.comこれは恐ろしい映画だと思う。一番の主張は…

セキュリティの勉強

会社でどうしても必要となり、ITリテラシー向上の勉強会をしていることは既述の通り。hpo.hatenablog.comその一環として、セキュリティの部分を自習した。中小企業でも当然まもらなければいけないことを明々白々。 https://www.ipa.go.jp/files/000055516.pd…

Apple Payに登録出来るだけカード登録した(知人)

あくまで知り合いの話し。単一のスマフォにクレジットカード等のデータ、認証を寄せるのは危険なのでよくよく注意が必要。とはいえ、この話を聞いて、こんなに便利になっているのだと知った。 クレジットカードの更新があり、Apple Payのデータを更新してい…

九州には歴史ロマンが満載!

卑弥呼に関するYoutubeを見た。先日の九州での旅行での見聞と重なって歴史のロマンを強く感じた。www.youtube.com3世紀の人物と言われる卑弥呼が古事記、日本書紀には見当たらない。そもそも、卑弥呼から150年ほどどの歴史書にも明確な記述がない空白の…

NPVとマイナス金利

先日、金融機関の方とお話ししていて国債の値付けはマイナス金利下だと正味現在価値はどうなちゃってんだろうという話しになった。ファイナンスを学んでいたのは、もう数十年前なので久しぶりにDCFのシートを作ってみた。 マイナス金利下のNPV - Google スプ…

「まんぷく」

NHKの「まんぷく」を見ているのが楽しい。www.nhk.or.jp安藤サクラさんの演技に負うところが大きいのだと思うが、ドラマのモデルである安藤百福氏の人生そのものがドラマだったのだろうと。style.nikkei.comどれくらい安藤氏が"Never Give Up!"だったか、カ…

RPAは働き方改革の鍵となりうるのか?

最近、IT関係の方とお話していて「Robotic Process Automation (RPA)」という言葉を初めて知った。以下、自分のお勉強のためのメモ。winactor.comちょっと気になるところを抜書きしておく。 www.youtube.com ERPを扱うのが大変であれば、解決策はERPをカスタ…

(仮題)悲しきフーガ

昨日、ハラリ氏の「Homo Deus」とSF小説について書いた。スーパーAIが支配する世界がどのような形になるのか、ハラリ氏の「無用な大量の人々」の未来ではなく、すべての人が適切な職業に就ける未来はないかという対比で触れた。この「SF小説」とは私の中でい…

ハラリの未来と製造現場の生産性革命

昨日に続き、ユヴァル・ノア・ハラリのTED、TEDトークを見た。www.youtube.comwww.youtube.com「Homo Deus」はまだ本屋の立ち読みレベルなので、以下の私のハラリ氏の製造現場理解への懸念はすでに内容に含まれている可能性がある。ホモ・デウス 上: テクノ…

Homo Deusとベーシックインカム

コンビニでたまたまユヴァル・ノア・ハラリのDVDを見つけた。なかなか大著を読む余裕もないのでなんかの空き時間に見ようと買い込んだ。ホモ・デウスDVD BOOK ~全世界でベストセラー『サピエンス全史』の著者ユヴァル・ノア・ハラリ最新作 (宝島社DVD BOOKシ…

数学を好きになった原点は小学時代の父との思い出

これみて、自分が小学生だったころの父親とのやりとりを思い出した。togetter.comこれ、独自で小学生の頃、気づいた。少なくとも40年前からそうでしたよ。最近ではなく元々です。日本の単位が4桁(万、億、…)で英語の単位が3桁(サウザンド、ミリオン、…)…

「ゴルフと人生における真の試練」

ゴルフのショットがめちゃめちゃで落ち込んでいる中入った茶屋に掲げてあった。人生に「魔」は多い。森の中、谷の底、はたまた山の上など、次のショットができなくなるような「ラフ」にはまらないように、はまらないように気をつけていても、ついついはまっ…

免震・制振部材のデータ偽装はすでに国際問題

数日前、台湾の友人とFacebookで話しをした。テレビ電話の質が非常に高くて、距離を感じさせなかった。列車事故の後だったので、日本製の列車が事故を起こして恥ずかしい、申し訳ない気持ちだと言ったら、「気にするな」と言ってくれた。news.livedoor.com*1…

「禅とオートバイ修理技術」をひさしぶりに

「反脆弱性」をつらつらと読んでいる。あまり進まない。最近の読書量の減少は目を覆うばかりだ。#反脆弱性 読んでると、ギリシャ哲学が本当に語っているのは何かという論調に聞こえてくる。「禅とオートバイ修理技術」久しぶりに読みたくなってる。— ひでき …

「禅とオートバイ修理技術」をひさしぶりに

「反脆弱性」をつらつらと読んでいる。あまり進まない。最近の読書量の減少は目を覆うばかりだ。#反脆弱性 読んでると、ギリシャ哲学が本当に語っているのは何かという論調に聞こえてくる。「禅とオートバイ修理技術」久しぶりに読みたくなってる。— ひでき …

渋滞と脆さ

タレブが渋滞について書いているところが興味深かった。#反脆弱性 で西成活裕先生に読んで欲しい箇所。渋滞学とブラック・スワンが見事に繋がっている。 pic.twitter.com/01ysOO1lzQ— ひでき (@hidekih) October 8, 2018これはまさに渋滞学につながる話し。h…

Google PhotoのAI

よく仕組みはわかっていないのだが、時々Google Photoアプリの通知が来る。なんだと思って開けると、ずいぶん懐かしい写真が見事に加工されて出てくる。このオリジナルは割と変哲のないカラー写真だった。一瞬写真家が撮ったような加工がされてくる。あるい…

女は謎

女性に「女は女にとっても謎、だけど魅力的」と言ってもらえると、とても安心する。男性にとっても女性にとっても「女」は謎に満ちた「異なる者」=「異性」。女自身にとっても女は謎。その謎をもっとも多様に纏っているように見えるのは若い女性。表象にな…

饗宴と男子萌えの大切さ

「饗宴」を読み始めた。なんとAmazon読み放題で無料!饗宴 (光文社古典新訳文庫)作者: プラトン出版社/メーカー: 光文社発売日: 2014/11/28メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る現存する最古の同性愛、LGBT擁護論だと私は思っている。人にとっての…

料理は楽しい!

最近、時間の使い方が芳しくなかったが、料理を再開して、ああ、これだと納得している。料理を再開した。時間の使い方として充実したものを感じる。クックパッド通りに作っているだけだが、味付けで失敗がない。 pic.twitter.com/6bKX1EkqDS— ひでき (@hidek…

少子高齢社会における「常識」、「人権」とは?

この記事には驚きを覚えた。maga9.jp記事を書かれた雨宮氏は貧困問題の専門家らしい。 雨宮 処凛(あまみや かりん、1975年1月27日 - )は、作家、政治活動家。当初は「ミニスカ右翼」と呼ばれた[1]右翼活動家だったが、後に「ゴスロリ作家」を称する[2]左派…

梅郷

なかなかまわれない名門コースで回らせていただいた。感謝!www.youtube.com随所にプロのトーナメント開催の「跡」を感じた。もちろんレギュラーティーからなので、難易度は比べ物にはならないがなんとはなしに気分はもりあがった。ちなみに、練習場がめちゃ…

街への想いのプレゼンテーション

「公私混同」の話を書いた。ブログ・ウェブ界隈との「公私混同」、「相転移」により確実に自分で変わったと思うのはプレゼンテーション能力。hpo.hatenablog.com昔は人に話をするのに、「私はこれを調べた、これを考えた、これを調べた、こうまとめた、こう…

開高健の墓

北鎌倉の円覚寺さんを訪ねて、たまたま開高健の墓を見つけた。奥さんとお嬢さんの名前と共に墓誌に刻まれていた。どなたが供えたのか、トリスの瓶があった。残念ながら、墓そのものは撮影禁止となっていたので、墓のあたりの風景。taknakayama.hatenablog.co…

公と私の混同

随分昔にブロガー(死語?)な方々との交流の中で「公私混同上等」という話をした記憶がある。確か、その時は「仕事に対して『全人格、全能力をもって臨むというのなら、もはや『公』も『私』もない」というような話しだったと記憶する。前提として、十数年…

ホテルIT化の夢

関係者とホテルのIT化が進むと何ができるか話した。より宿泊者の方々の利便性を拡大し、より生産性を高める工夫はいくらでもある。バックヤード側で言えばホテルのメンテナンス担当者IT端末による清掃作業の指示、進捗管理、チェックなどがある。どの部屋を…