HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

ゴジラS.P.「すべてが必要だったんだ」(ネタバレあり)

Netflixで絶賛上映中の「ゴジラS.P.」は円城塔の趣味じゃね?と書いた。ところが、それは大きな思い違いで過去のゴジラシリーズにすべての答えが有ったのだと。

hpo.hatenablog.com

この方が教えてくださったと。

本作はゴジラの皮を被ったSFではなく、れっきとしたとした「ゴジラ」のメッセージを踏襲している作品でもあったのです。新しいモノを描きつつ、普遍的なモノを提示する。「ゴジラ」という古典を正しく扱った作品ではないでしょうか。

『ゴジラS.P<シンギュラポイント>』ネタバレレビュー|ゴジラと対峙した3ヶ月で僕らが見た世界 | アニメイトタイムズ

この意味でS.P.の1話の最初のモノローグにちゃんと断り書きがされていた。

私はすべて知っていたのに
意味は全くわからなかった
ここにたどり着くためにずいぶんとかかってしまったけれど
すべてが必要だったんだ

https://www.netflix.com/watch/80198461

昔からのファンにはすべてお見通しだったと。登場する怪獣はすべて過去のゴジラシリーズだとは想っていたが、ジェットジャガーまでとは!

「人間が恐ろしく愚かなこと」「ゴジラはいつか倒されること」「ジェットジャガーが巨大化すること」「ゴジラの骨からメカゴジラが製作可能であるということ」。

ゴジラS.P』の結末であるこれらの要素は、過去の「ゴジラ」作品で描かれていたことであり、ゴジラファンが既に知っていたことだったのです。

ジェットジャガーが登場する『ゴジラ対メガロ』、三式機龍が登場する『ゴジラ×メカゴジラ』など過去の「ゴジラシリーズ」で観たことがあるから知っている「情報」でした。

一応、「ゴジラ」、「ゴジラ対メガロ」、「ゴジラ対メカゴジラ」当たりまでは見た。なんとなんとほとんど全部Netflixで見れた。過去を押さえてからゴジラS.P.を製作決定したのだろう。Netflixすごすぎ。答えは最初からあったと。

www.netflix.com


「紅塵」はそもそも最初のゴジラに「赤い砂」がゴジラが水爆で復活する地層として出てきていた。「ゴジラ対メガロ」にジェットジャガーの巨大化も出てくる。ちなみに、第12話を見返しながら本稿を書いているがペロ2が「良心回路」について語っているが、「ゴジラ対メガロ」に出てくるジェットジャガーのことだ。「三式」はこのことらしい。

房総半島沖から発見されサルベージされたオキシジェンデストロイヤーによって抹殺された初代ゴジラの骨を機体のメインフレームおよびDNAコンピューターの基幹にするという形で製作された。これはゴジラのフォルムが極めて戦闘に適したものであるということが判明したからである。

3式機龍 (さんしききりゅう)とは【ピクシブ百科事典】

「西からのぼる太陽」というセリフもどこかで出てきたがそれもまた最初のゴジラの元となった第五福竜丸の体験らしい。

西からのぼる太陽
南の海に降る雪
船員の1人がつぶやく
「あれ、ピカでねぇか?」

西からのぼる太陽…「ゴジラ」と併せて観るべき「第五福竜丸」 - 狂い咲きシネマロード

こまかいことだがエンディングでネットカフェのガラスに「ALLIZDOG」とゴジラの逆文字が映る。DOG、犬とはペロ2のこと。なるほど、答えはGODZILAという問いの中にすでにあったと。

ゴジラS.P. = (あなたの人生の物語 + 屍者の帝国) ÷ ゴジラ

ゴジラが突然私の生活に現れた。「アラレちゃん」風の女の子キャラをNetflixの予告で見た時には、全く観る気になれなかった。しかし、円城塔が関わっていると知って俄然気合いが入った。

godzilla-sp.jp

kai-you.net

——なるほど。制作サイドからの要望に対して、つじつま合わせをするような役割でしょうか。

円城塔 よく言えばそうですね。最初の打ち合わせから2回目くらいで、高橋さんは「『メッセージ』みたいにしたいんだよ!」と言っていて(笑)。

『ゴジラ S.P』円城塔インタビュー 実験と笑い、ポップで新たなゴジラの誕生 - KAI-YOU.net

いやいや、実際の作品を見れば、製作サイド、監督の意思を超えてかなり円城氏の「好み」がぷんぷんするとしか思えない。ごく一例だが、「屍者の帝国」のひとつのクライマックスは「屍者」(自動機械)による巨大な計算機関の場面だ。この場面はかなり円城氏のがノリに乗って描いていた。S.P.においても究極の計算マシンが出てきたりする。さらに、円城氏はロードムービー的展開が好きだ。神野銘はあそこまで世界各地を転戦する必要があったのか?

ja.wikipedia.org

・・・・、とか書きかけたまま二週間が経ちシリーズそのものが終わってしまった。AIと人間などもうちょっと違う観点が必要かなと。また気が向いたら続きを書く。

進撃の巨人 34巻 ネタバレあり

とうとう、「進撃の巨人」が完結した。想っていたよりも劇的ではなく、さりとて矛盾なく終わったことに心から敬意を示したい。

後述するように「二千年後の君へ」と最初から結末が決められていたことが最終話で示されるとは言え、ブログ、SNS全盛時代の影響の下で成立した物語であるように私には想える。「日本」との作品のアナロジーは途中から気づかれたのだと、私は想っている。

*1

まあ、作者の諫山創さん自身がウェブを見ていることは認めておられるようだし・・・。

ネットを見るのが趣味で、自作の評価なども常にチェックしており、ファンからの意見や指摘を参考にすることもある[20]。

諫山創 - Wikipedia

私は、33巻まで読んで本作は「壁」を超え続けていく物語だと受け止めた。

まもなく物語の「終わり」を迎えるこの数巻に至っては、生と死の「壁」すらも超えているように私には見える。いや、もしかすると「巨人」という存在自体が最初から生死の「壁」を示す存在であったのかもしれない。現世で食べられ、死んで亡者となったのが「巨人」だと。生と死の「壁」を超えた存在としての「巨人」、「始祖」が明らかになった。更には歴史の「壁」を超え、はるか昔に超越した能力をもったまま死んだはずの少女が巨人を作り続けてきたのだと示される。さらにさらに、生の世界の象徴であったエレンすらも生死の「壁」を超えすでに現実的な意味では「死者」として生者の世界に君臨しようとしている。

進撃の巨人 33巻 ネタバレあり - HPO機密日誌

残念ながらこの期待は間違っていたようだ。最後は一人の少女の「愛」の解消という形で物語りが終わるとは予測していなかった。逆に言えば、歴史的な対立とはなんなのか、フランシス・フクヤマ的な戦後史にはひとつの「回答」であるのかもしれない。世界平和のために日本が、自分が犠牲になることは厭わないと。「巨人」がいない「人間の歴史」の始まりを示したのだと。

ヨーロッパの500年の歴史において宗教も、科学も、資本主義も、そして、共産主義も人を救えなかった。人々が欲しがるのは安定であるにもかかわらず、技術開発も、経済市場も、経済政策も、そして、社会改革も、逆に社会の不安定さを極大化する方向に運動している。

平成27年2月10日追記 - HPO機密日誌

巨人が全ての人類を抹殺しうる暴力であり、一定以上の人間がつながる全体主義だとすれば、「解消」しなければ人間の歴史は始まらない。人の自由の抹殺というアンチテーゼがあって、初めて歴史の選択という人類の自由が始まる。非常に浅い考察を恥じるしかないが、今の私にはそう思える。

*1:すみません、finalvent「さん」と敬称を落としていました!失礼しました。

「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」

ずいぶん前に買ったのだが、なんとなく積ん読したままだった。ある、中小企業のMA関係の方のお話しを聞く機会があって、改めて読んで見た。いやいや、これは面白い。人生変わるかも。

以前から「現代日本においてビジネス関係で一番の稀少資源は経営者だ」と考えてきた。お会いしたMA関係の方は、まさに後継者難の中小企業にサラリーマンから経営者になりたい人物を送り込むことで再生しているのだとおっしゃっていた。本書の著者の三戸政和氏も同様のビジネスを展開されているらしい。

株式会社日本創生投資 代表取締役社長。1978年兵庫県生まれ。同志社大学卒業後、2005年ソフトバンク・インベストメント(現SBIインベストメント)入社。ベンチャーキャピタリストとして日本やシンガポール、インドのファンドを担当し、ベンチャー投資や投資先にてM&A、株式上場支援などを行う。2011年兵庫県議会議員に当選し、行政改革を推進。2014年地元の加古川市長選挙に出馬するも落選。2016年日本創生投資を投資予算30億円で創設し、中小企業に対する事業承継・事業再生などに関するバイアウト投資を行なっている。

三戸 政和 masakazu mito | 現代ビジネス

本書の語られるように、ゼロから「1」まで起業することができる人物は「スーパーマン」としか言えない。また、起業して失敗して退場する人の方が10年以上経営を続けられる人よりもはるかに多いのはよく知られた事実だろう。しかし、スーパーマンであり、超幸運な人物であるだけに起業した経営者は非常に個性的な人が多い。悪く言えば、ムラがある。そこを、上場企業等で経験を積んだ人物がボーナスを1、2年貯めて自分の勤め先で得られたノウハウを「1」の企業に注ぎ込めば、「100」の成果を生みうると。更には、キャピタルゲインをいかに産むか、自分の勤務先の企業といかに「提携」するかまで具体的なノウハウが解説されている。大変、興味深い。

人生の後半戦を迎えるに当たって、大変参考になる本であった。改めて、MA等の手法をベースによくよく考えてみたい。

欲望の果てに

これまで様々な意欲をもって仕事に取り組んできた。それは、自分が責任を託された家族、仲間、家の伝統を守るための必死の努力だった。まだ結婚していた時に、当時の配偶者から「私と仕事とどっちが大事なの?」と聞かれた「君を守るために仕事をしているんだよ」と答えたのは本音だった。全てを失いかねない状況をいくつも切り抜けていま若干の安定を産むことができたと信じている。

しかし、このブログで何度も書いているように最近不幸なことに遭ってしまった。それ以来、自分のこれまでを反省する日々が続いている。何をしても楽しくない、夜ぐっすり眠ることすらできない。世間的には通常の通りの仕事、生活をしているが無理にでもそうしていないと自分がおかしくなってしまうからに過ぎない。

そんな中で、石原慎太郎の「天才」を読んだ。いうまでもなく一人称で田中角栄の生涯を綴った半ばドキュメンタリーだ。

この中では、日中国交正常化に成功し、米国から疎まれたことがなんとも不可解なロッキード事件の判決へつながったくだりが描かれている。そして、数々のスキャンダル報道の中で家族のことを想って首相を辞める決断をしたとも描かれている。

DeNAの南場さんも、ご主人のために会社の代表を降りるというのが「不格好経営 (日本経済新聞出版)」のひとつの結論であったように記憶する。

hpo.hatenablog.com

家族のため、仲間のため、伝統のために仕事を選び、仕事に邁進し、他のすべてを犠牲にしてきた。しかし、いま本当にそれでよかったのかと考えざるを得ない。眠れない夜になんでも自分の記憶をまさぐり、家庭と仕事の両立をする道がなかったか、不幸を避ける道はなかったのか考え続けたが、見いだせなかった。すべて、自分が自分である限り、生きている限り今のこの地点にたどり着くだろうとしか考えられない。

だとすれば、多少の「安定」を利用してこれからはもっと家族のために生きる道を選択すべきなのだという結論に達する。「天才」よれば「今太閤」田中角栄ですら娘の田中真紀子との確執があった。下野した後も、いまわの際までも、解消されることはなかった。どんなに大義名分を立てても自分の欲望が人間を動かしている。そこをよくよく見つめ直す必要を感じている。

「愛がなくても喰ってゆけます。」

ずいぶん前に本書にはまった。ほんの1つ、2つだが本書に取り上げられている実際のレストランにも足を運ぶことができた。

愛がなくても喰ってゆけます。

愛がなくても喰ってゆけます。

食欲と幸福感が密接な関係なのだと痛感させられる内容だった。「これおいしいよね?」「うんうん!」と語り合いながら気の合う相手と食べる食事ほど幸せなことはない。セックスよりも習慣性が高いかもしれない。まして、よしながふみ氏の盛りに盛られた漫画で展開されると「生きるために食べるのでは、食べるために生きるのだ」という主張が真実ではないかとさえ感じられる。タイトルの「愛がなくても喰ってゆけます。」は、いわゆる性的でも、家族として支え合うのでもなく、食を共にする男女の喜びを如実に現している。

一般的には、食に過剰に走らないことこそが世間的な幸福の形なのだとは以前考えた。

それが男であれ、仕事のやりがいであれ、子育てであれ、一生懸命満足を感じられるものごとがあれば、食べ物には走らない。食べ物に走るのは、女性のラストリゾートなのだ。体重が増える、増えないを気にするのは、食べ物以外に幸せを感じるものがあるかどうかが如実に現れるからではないか。 女性は自分でそのことをよく知っている。太らない自分を魅せつけるのは、自分は満足しているだよ、幸せなんだよと示したいから。食べ物に走ってないよ、太らないよ、とほかの女性に見せたいのではないだろうか?

女性が体重を気にするのは、幸せのバロメーターだからかな? - HPO機密日誌

しばらく前からなぜか私の書棚から本書が消えていた。それが、あるところでひょっこりと見つかった。私が貸し出したのかも知れない。貸した相手は食事と仲間としていて幸せだったのかなとぼんやりと考えている。

自己欺瞞と心の平安

先日、「嫌われる勇気」を読んで悲しみ、苦しみから抜け出す方向を教えられたと書いた。実は、この本は、新入社員から教えられた。自分の子供達より若い方々だ。たまたま研修のコマをもらって話した時に、彼らから「嫌われる勇気」の話しが出た。「勇気」と更には「箱の法則」を読んで少なくとも理解のレベルでは一縷の望みが見えてきた。

嫌われる勇気

嫌われる勇気

先日の私の人生を変える出来事以来、般若心経の写経を繰り返した。「嫌われる勇気」で訴えられている「心の平安」は般若心経の「色即是空空即是色」だと痛感した。人の苦しみ、悲しみは誰でも、過去に原因があるのだと想っている。過去でなくとも、現在のまわりの環境や、特定の人、社会、事件などが原因なのだと。私もそうとしか思えなかった。なぜ、なぜ、なぜだ、私の過去の行動、人の言動、すべてがその出来事につながっているように想え、眠れない日々が続いた。なぜと問えばとうほど悲嘆の沼にずぶずぶとはまっていった。しかし、そうではない、過去ではない、原因ではない、と本書は語っていく。今の自分を変えたくないからこそ、過去の事件を持ちだしていま自分が動けない悲惨な状況にい続けているのだと。人はその人と会いたくないという目的論で動いているのに、過去の出来事に結びつけて原因論にもっていくのだと。実は自分が今を生きているのに、自分自身が自分過去の出来事に結びつけてしまうから「悲しい」という状況を作り出しているのだと。この理解に立てば、この悲しみ、苦しみの実態に気づけるのだと、「嫌われる勇気」も、「般若心経」も教えてくれた。すべての苦しみ、悲しみは自己欺瞞なのだと受け止めたい。

2日で人生が変わる「箱」の法則

2日で人生が変わる「箱」の法則

さらに、今度「箱の法則」を読み直した。本書はこの自己欺瞞によって自分が自分の目の前の人を「人」ではなく「モノ」と捉えてしまう状況からいかに抜け出すかを記述している。極端に言えば、相手は自分をこんな状況にした張本人なのだから人扱いはできないと。「敵」だと思った途端に自分は相手を最悪の存在だと決めつけてします。私は30代の時には自分は世界で一番不幸だと思っていた。それはレトリック、例えではなく本気でそう思っていた。仕事でも、家庭でも、なにも上手くいかないと。自分の周りは「敵」ばかりだと。自分で自分の立場を選んだという自覚はあっても、未来に全く希望を持てなかった。正直、その場から逃げ出すことすら考えていた。事実、離婚までした。いまの社会的な立場をよく胸をはれるなと自分でも想う。いまなら、それは自分が「箱の中」の状況にいて周りの人々を「人」と見れていなかったから、過去の原因で自分が縛られていると思い込んでいたのだと分析する余裕がある。心の平安がある。同僚と一緒に毎日意義ある仕事をしていると想える。

人によって「箱」の「様態」は違う。本書には、以下の類型が載っていた。私は当時「劣等感の箱」と矛盾するようだが「当然の箱」にハマっていた。「世の中は過酷だ、私が何をしても改善しない」「当然周りの人々(家族)はここまで自分を助けてくれて当たり前なのに手をかしてくれい」といった状況だった。自己欺瞞以外のなにものでもなかった。

f:id:hihi01:20210513091608p:plainf:id:hihi01:20210513091621p:plainf:id:hihi01:20210513091631p:plainf:id:hihi01:20210513091640p:plain

更に本書で示される五段階の「ピラミッド」と般若心経の示す八正道の類似を論じたい。心の平安、箱を常に出る姿勢があるとないとでは人生の危機において悲劇を生むのか、そこからの成長を自身で導けるのか、まったく違う。