HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

資本主義のダークサイド:生ワクチンと不活化ワクチン、mRNAワクチン

@J_Sato さんのご指摘に恐れおののいている。J_Satoさんが紹介してくだったTEDによると生ワクチンはヒト本来の「生命力」としか言いようのない力を引き出し、アフリカの研究において幼児の死亡率を明らかに下げいてるのだと。一方、不活化ワクチンは単独のウイルスには対抗できても、「生命」の過程全体からみればランダム化実験で逆に幼児の死亡率があがったというのだ。しかし、世界はすでに不活化ワクチンに移行している。この上、今回の新型コロナウイルスワクチンとしてmRNAをつかった「オーダーメイド」ワクチンが一般化したら資本主義のダークサイドが顕著になりかねない。

大変、重要なのでTEDの動画へのリンクを再度貼っておく。ベン教授とお読みすべきなのだろうか?彼女の大規模なランダム化統計研究で生ワクチンと不活化ワクチンで明らかに生存率が違うのだと主張されている。

www.youtube.com

f:id:hihi01:20210206052059p:plain
f:id:hihi01:20210206052110p:plain

DTPワクチンは不活化ワクチンだと。スピーカーのベン先生はコペンハーゲン大学の先生だと。TEDのご主張の論文は私のなまなかな検索では見つからなかった。あとでよく調べる。Google翻訳で日本語にした。

f:id:hihi01:20210206051613p:plain

Professor Christine Stabell Benn - EDCTP

つまりは、不活化ワクチンの方が目先の効果があり、感染症を引き起こすウイルス毎に大きな売上が期待できるので、製薬会社は生産したい。一方、生ワクチンの方が生存率をあげる統計があっても従来の売上を伸ばすことにはならないので関心を持たないのだと。さらには、生ワクチンが死亡率を下げるメカニズムもまだ説明できていない。

恐ろしい指摘だ。

生ワクチンのBCG接種国である日本ではmRNAによるワクチンは不要ではないかと今回の大規模抗体検査の結果からも考えられる。

たぶん、近々J_Satoさんが詳しく書かれるだろう。それでも、今書いておきたい動機がある。

私はこの10年余りビル&メリンダ財団のポリオ撲滅運動を興味深く拝見してきた。もうほとんどの国でポリオは撲滅されつつある。昨年、アフリカ大陸ではポリオが根絶されたとの宣言も出た。ちなみに、さきほどのTEDの冒頭は新生児へのポリオの生ワクチンの投与の場面から話が始まる。違和感を感じていたのは、長年生ワクチンを使ってここまでの成果が出ているにも関わらず温度管理が難しくコールドチェーンを確立しないと接種できない不活化ワクチンに変えなければ根絶はできないという論調に変わったことだ。陰謀論を取るつもりはないが、ここに今回の新型コロナウイルスのmRNAワクチン実用化の動きを重ねるとあまりに符号する。

昨年、5月のビル・ゲイツ氏自身の動画だ。

www.youtube.com

「情報なき国家の悲劇 大本営参謀の情報戦記 」

ある方から勧められて読んだ。山本七平のフィリピン戦と本書の堀栄三氏の書くフィリピン戦では180度違う印象。

言うまでもなく、インテリでありながら動員されてフィリピンの最前線に山本七平は送られた。戦後の捕虜の体験まで含めて生涯戦争とはなんであったかを考え抜いた人物であったと私は捉えている。

山本七平の描く収容所では、米国誌にのった東京裁判の被告たちがちゃんとごはんを食べてることに憤るほど、ひどい暮らしをしていた。たしかに、銃後で大日本帝国の指導者たちはぬくぬくしているように見えただろう。実際、東條英機自身が「統帥権はおかしい」と遺書の最後に書くくらいだから、参謀本部はあまりに無能だとしか見えないし、無造作に人を犠牲にしすぎたと誰でも思うだろう。

リーダーにできることは腹を切ることくらい - HPO機密日誌

本著の著者、堀氏は大将であった父のもとに生まれた。軍人一族だったのだろう。そして、若くして大本営の情報参謀として活躍した。その真骨頂は米軍の作戦分析とフィリピン方面軍山下大将の参謀としての活躍であった。本書によれば、太平洋戦争開始後、二年経ってようやく米軍のオレンジ作戦、大正の昔から準備されたという「飛び石作戦」と呼ばれる作戦研究ができたという。飛び石作戦は、単に島伝いで日本を攻める作戦であるにとどまらない。日本軍は歩兵の発想で太平洋を「面」で捉えたが、米軍は制空権の優位性を十分に認識し「立体」として考えていた。守る日本軍側は膨大が「面」を守らなければならないが、攻める米軍側は制空権さえ得てしまえば、点と点をつなぐ立体として日本本土への攻撃の拠点を捉えることができたと辻氏は述懐している。

陸軍と海軍 - HPO機密日誌

米軍の作戦の分析により、圧倒的な物量、艦砲射撃、爆撃、銃弾などの「鉄量」で米軍が拠点となる島を蹂躙することがわかった。しかし、物量戦であるがために車両の交通が難しい山間の作戦は十分に利点を活かせない。そのため、硫黄島の栗原中将のように水際作戦をやめて、十分に山側に米軍をひきつけ、ゲリラ戦で持久作戦を行う方針に昭和19年になってようやく転換したのだ。本土進撃をいかに遅らせるかのために辻参謀が山下大将に進言したのがフィリピンの持久戦であった。山本七平の受難は水際作戦、正面作戦ではなくだらだらと続く持久戦が採られたために生じたのだと本書を読んで私は理解した。

その他にも、いかに旧帝国陸海軍が官僚主義的であり「死」に対して陶酔的であったかを裏付けるような話が本書には満載されている。やはり、戦うためには辻参謀のように想像力をどこまでも働かせ、考えに考え抜くしかないのだと改めて知った。情報参謀とは言え、地道な情報収集しか素材はないのだ。現代日本には想像力と柔軟性、行動力、実証力が一番足りないのではないかと新型コロナ戦においても実感せざるを得ない。

hpo.hatenablog.com

本書で一番リーダーとして大事であったと思うのは、新任の情報参謀を戦地視察に行かせるところだ。いつになっても、現場感覚をもった幹部、参謀は貴重な存在なのだ。

エノテカさんのワインブック

自粛、自炊生活のためにエノテカさんでワインを買ってきた。家飲み用なのでお店の手前に置いてある3本5,000円に目を引かれた。店に入って見ていると、ついつい奥の方の3本一万円の棚に足が向いてしまう。さりとて、冷蔵ケースの中の一本数万円のワインには手は出ない。恐る恐る三本選んでお会計をした。会計カウンターに置いてある"Wine Book"という小冊子を発見。聞けば無料だと。何の気なしにもらってきて家で開いてみた。これが思いのほかよかった!

www.enoteca.co.jp

f:id:hihi01:20210119215211j:plain

もう全ページを写真に撮ってここで紹介したい誘惑に駆られる。でも、著作権他の問題があるので我慢しておく。この小冊子は、ワインの基礎を産地に光を当てて解説している。ページを開くとまず世界地図。北緯または南緯20度から40度地帯に、世界で価値があると言われる産地国が分布しているのが一目瞭然!その上で、国別地方別のワインの解説が載っている。例えば、フランスならボルドー地方から始まる。一級5シャトーを頂点とするメドック格付けピラミッド、左岸右岸の特徴など簡潔に分かりやすく書かれている。シャンパーニュ地方だとシャンパンの作り方まで解説されている。発酵にはちょっとはまっているので糖分さえあれば瓶内熟成で発泡するとまでは知っていた。だが、瓶内発酵の途中で「門出のリキュール」を入れて糖分を調整することは知らなかった。更に数年寝かせてようやくシャンパンだと。

小冊子の最後の方に、葡萄の品種をキャラに例えている。例えば、シラーなら「近年人気上昇中の個性派キャラ」という具合。これは「ワイン1年生」を意識しているのだろう?

hpo.hatenablog.com

自粛経済そのものをいい加減にしてくれという気持ちではいるが、自粛しなければならないのならできるだけ楽しみたい。ましてや、その楽しみが経済を少しでも回すことにつながるのなら更に幸いだと。ワインを選ぶと、ワインに合う料理を自然に作りたくなるから不思議。

建築家の饒舌

隈研吾氏の「自然な建築」読了。先日、隈研吾さんのカドカワミュージアムを拝見してきた。この建物は岩山まるまる一つを崩してまで材を選んで作ったと聞く。なんとも建設屋泣かせの外壁だと思っていた。本書を読んで、なにを意図されているかが理解できた。隈研吾氏は、自然と人工の境を打ち崩したいのだと。本書にはますことなく隈研吾氏の哲学、こだわりが書かれている。

自然な建築 (岩波新書)

自然な建築 (岩波新書)

  • 作者:隈 研吾
  • 発売日: 2008/11/20
  • メディア: 新書

f:id:hihi01:20201112153838j:plain

隈研吾氏はとても文章がお上手だ。テンポの良い文章でほぼ一気読みした。一般の方は建築家の写真だけ見て職人のような寡黙さを期待してるのではないだろうか?実は、建築家という人種はみんな饒舌。安藤忠雄氏の大阪弁の講演を聞いたらイメージがひっくり返るだろう。昔をさかのぼれば、矢田洋氏の「建築馬鹿」をはるか昔に読んで以来建築家の饒舌さには驚くばかり。いやいや、それを言うならラスキンの「建築の七灯」か?

togetter.com

建築の七燈

建築の七燈

そんな気持ちではてなブをみていたら「理科系の作文」についての本の紹介に対して「そんなの書けて当たり前だろう」とはてぶだけ読んでコメントしてしまった。

本書は、この本は「理系の人のため」ではなく「理科系の作文」のための本だとお叱りをいただいてしまった。

冷静に考えてみると、建築家は自分の表現したいものを注文者、請負者、各種職人に理解させないと自分の目的を果たせない。従って、寡黙な建築家は自分の目的を達せない建築家となってしまう。もとに戻れば、隈研吾さんは建築を論じてブルーノ・タウトとの縁の話になりスーラからライプニッツまで論じている。こういうのを教養というのではないだろうか?

f:id:hihi01:20210124154250j:plain

あ、お前のように分けのわからない文章しかかけないやつに文書について言われたくないというご指摘は甘んじてお受けする。

新型コロナの最大の禍は人の依存心を肯定すること

こんなことを書いてもお前は緊急事態宣言下で何を言ってるんだと言われるでしょう。私は幼い頃から家庭で「福祉を期待してはだめだ、公を期待してはだめだ。福祉に期待すると依存心は増大していくばかり。だから自立自尊で生きていけ」と教育されて育ちました。手を差し出せば抱きかかえて起き上がらせろ、起き上がれれば行く先まで連れて行けと、福祉への要求はエスカレートするばかりなのだと。依存心があっては独立した社会人としての気概が萎えると。持てる力はすべて仕事に注げと。水を与えるのではなく井戸の掘り方を教えろ、それこそが真の援助、教育だと。

その上での政府支援の話です。昨年春の情報が不足していた頃はともかく、欧米の十分の一以下の感染被害だと分かった今の日本において過剰な政府対応は感染を減らすことなくむしろ人々の「金をくれ」要求の肯定にしかならないのではないでしょうか?

 

とある映画館スタッフが今更ながらこの一年を振り返ってみたんだけど

 

私の乏しい経済学、財政の知識ではMMT理論は主流からは否定されております。無限に政府がお金を借り続け、支出し続けることはできないと。であれば、緊急事態宣言により営業の制限を受けた業種への補助金、支給も最終的にはタックスペイヤーである我々国民、あるいは生まれ来る命を含めて将来の子どもたちの負担にしかならないのではないでしょうか?政府支出はどう転んでもGDPの幾分かを占めるだけの規模しかないので、GOTOに代表される支出の呼び水にはなり得ても国民すべての所得の代替にはそもそもなりえません。某大臣が主張されていたように全国民対象にお金を配っても結局は消費に回らずただでさえ高い貯蓄が増えただけとの指摘もあります。

この認識こそが私をしてコロナの過剰な対策への不信感の背景なのだと今更ながら気づきました。

さらに言えばコロナウイルス感染症のリストの中では十分「小物」です。インフルエンザなど恐ろしいウイルスはゴロゴロあります。温暖化でまだまだ新しい感染症は出てくるでしょう。この程度で崩壊してしまう民主主義自由経済体制ではお話にならないほど脆弱だというのもまた私の認識です。

ひでき on Twitter: "インフルエンザの方が怖いです。特措法も「新型インフルエンザ特措法」ですよね。コロナごときでこんなに騒いで自殺者増やす社会、政治家の皆さんの方が私は怖いです。 https://t.co/mMsSJe10kR… "

現代のカッサンドラー、タレブも今回のパンデミックは「ブラックスワンではないと」明言してます。自分を一番大切にできるのは自分自身です。一番自分が辛かった時期に手を貸してくれたのは国でも、会社でも、同僚でも、残念ながら当時のパートナーでもありませんでした。繰り返しますが、過剰に他人、世間、国に期待するのは自分を脆弱にするだけだと私は信じています。一番自分が辛かった時期に手を貸してくれたのは国でも、会社でも、同僚でも、残念ながら当時のパートナーでもありませんでした

War Robotsにハマる

たまたまSNSで知人が親子でいわゆる「生き残りゲーム」を始めたというエントリーを見た。年末年始は割と時間があったので、自分でも出来そうなゲームを探して始めた。

 

play.google.com

実際のバトルよりも、セットアップとか、グレードアップに時間が掛かる感じ。まあ、でも、戦闘ゲームがあまり得意ではない私でも自分のペースでやれて良い感じ。

ビギナー向けの解説ページを見つけてかなり忠実にプレイした。おかげで先週には初心者としての目標のレベル25に達した。

takagaming.com

なんというか登場するロボットたちも、マトリックス風あり、タチコマ風あり、そらとぶロボットありで親しみが持てる。さらに成長要素が強いのでうやりこめばやるこむほどはまる。多くの評価が「重課金注意」と書かれているが、どうもこれはお金をかけてしまいそうでやばい。

そうそう、ロボットになんというか愛嬌があるのはこういうサイドストーリーを動画にしていたりするからかもしれない。

www.youtube.com

ゲーム自体はかなり臨機応変な対応を迫られる感じ。でも、PvPゲームのようなスピードではないので私にはちょうどいい。あまり外に出られないので、しばらくの間ははまっていたい。

「安楽死を遂げるまで」

医療関係の知人が「衝撃的」だったというので読んだ。「安楽死」、「尊厳死」が欧米では受け入れられてもなぜ日本では拒絶されるのかが伝わった。

安楽死を遂げるまで

安楽死を遂げるまで

 

夢と現実を一緒にするなと言われそうだが、以前安楽死を迎える夢を見たことがある。癌で苦しみぬいて、もう殺してくれと懇願する夢だ。ベッドに横たわり、注射針から安楽死に至る薬が身体を駆け巡る感覚と恐怖で目が覚めた。かなりリアルな夢だった。自分が回復する確率が殆どないと分かっていても、自ら死を選ぶことはかなりの恐怖なのだと思う。

死ぬことはやはり苦しいこと、惨めなことなのだと改めて想う。50をすぎるとここが痛い、あちらの動きが悪いだの出てくると、改めて加齢と死を幻視する。死ぬことは決して格好良いことではない。

togetter.com

本の構成として、著者の宮下氏が根拠地を置く欧州からルポルタージュが始まるのがわかりやすい。私は以前から日本のいくつかの事件がなぜこんなに混乱するのか理解できていなかった。家族よりは恋人を連れ立って安楽死を補助する医者や、組織を頼ってくる「個」が前面にでた文化はわかりやすい。安楽死であったはずの事件が家族が生前とその後で言論を翻すにいたる過程も、欧州の事例が紹介された後で日本の事例が取り上げられると対比の中で大変分かりやすい。

この対比の構成は宮下氏のバックグランドとも関わっていることが最後の方で明かされる。宮下氏1994年から米国のウェストバージニアに留学していたとある。私もたまたま同時期に比較的近くに留学していたので感覚がわかる。日本で育ちながらも、欧米で個を確立し、主張し続けなければ生き残れないと。言わば文化のバイリンガル、三点測量のできる方だからこそこのような著書になったのだと理解する。

宮下 洋一のプロフィール | JBpress(Japan Business Press)

 これからの自分の人生を考える上で、大変貴重な本を読ませていただいた。リビングウィル、自分の死後に対するメッセージを考え直す機会としたい。