HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

「維摩経」

以前一燈園にお世話になった時から、維摩経を一度は読まなければと想っていた。先延ばしにするばかりで今まで来てしまった。

hpo.hatenablog.com

先日、足利学校を訪ねた時、図書室で維摩経関連の書籍を見つけた。サンスクリット語のテキストが日本のチベット研究の中から見つかったことを初めて知った。改めて初学者向きの本を探したところ、NHKの「渋護寺」、人生相談でいつも明快なお答えをされている釈徹宗さんの維摩経の解説本を見つけた。一気に読めた。読んでいる時、ずっと釈師のやさしいお声でテキストが語りかけてくれた。

『維摩経』 2017年6月 (100分 de 名著)

『維摩経』 2017年6月 (100分 de 名著)

素晴らしい解説で、維摩経維摩がどれだけ仏教の根源に迫っていたのか伝わった。大乗仏教が成立する中で既存の仏教との決別の象徴としてか、維摩経仏弟子、シャーリプトラが維摩に真っ先にやり込められているという。唯一私が唱えられる般若心経においても「舎利子」、シャーリプトラに語る形で大乗の教えが展開されているのも理解できる。

般若経』など大乗の経典では、声聞乗(śrāvakayāna)[1]を代表する長老の仏弟子として登場することが多い。『般若心経』の舎利子は、この人物のことである。

舎利弗 - Wikipedia

釈師は、「自分の都合を小さくする」ことこそが苦悩を小さくすることであり、自分の都合を小さくすればするほど当たり前にものが見えてくると書かれている。仏教の基本の基本、八正道の第一、正見とは「自分の都合を小さく」してものを見ることなのだと今頃知った。戒律も「自分の都合を小さくする」ためにあるのだと。本当にその通りだと感じた。

さらに維摩経の冒頭でのお釈迦様の言葉が素晴らしい。

「じつは菩薩(悟りを求めて仏道を歩む者、つまりここに集まった人々)にとっては、この生きとし生けるものが網の目のようにかかわり合っているこの世界こそが仏の国なのです。より良く生きようとする姿勢こそが仏の国を実現し、仏の導きに従って生きようとすることがこの世界を仏の国にするのです。
なぜなら、菩薩たちは他の人々を救いたいと願っているからです。ここにいる みんなは、これから悟りを開いて仏となる道を歩んでいくことでしょう。そして みんなが仏となる、すなわち仏の国がうち立てられるということです。しかし、 仏の国は社会の人々とまったく関係のないところに成立するのではありません。 世俗とともにあるのです。そのことをよく理解しておかねばなりません」

やはり、一燈園に想いは戻っていく。*1維摩の活躍のこの後は、いまの私の段階を遥かに超える。在家で仏道の修行をするという姿勢、いま生きている娑婆世界こそが仏の国なのだといまはここを学んでおきたい。

*1:

天国も地獄も状況はかわらない。丸いテーブルにたくさんのごちそうを人々が囲んでいる。天国と地獄で違うのは、人々の手にくくられた長い箸で人の口にいれてあげるか、自分の口に入れるというむなしい努力をつづけるかだけだ。それを制度の側でなく、人の信仰の側から、こころの側から作っていくことが大切だ。

「懺悔の生活」 - HPO機密日誌

消費税増税に便乗した実質インボイス導入

税金のお知らせが来た。本当に私の個人の所得は税金と借金返済に消えていく。それはともかく、便乗して帳簿、請求書の記載が変わるというお知らせが同封されていた。


結構施工前二ヶ月を切ったいまでも高齢の事業者さんや、会計は人任せのフリーランスの方とか、衆知されていないのだろうなと推測する。一応、4年前から個人事業主などの負担については指摘してきた。逆に言えば、これまで原則仮受消費税、仮払消費税の差額を納税するという付加価値税とは異なる扱いだった税制のゆがみが訂正されることにはなる。消費税は導入時の難産の結果、事実上の益税となってしまっていた。

hpo.hatenablog.com

ここで主張しても誰も同意してくれないだろうが、ここまで消費税が消費税として定着するなら、消費税の限界控除制度を取り入れるのが、一番抵抗なく事実上のベーシックインカム導入につながるのではないだろうか?

hpo.hatenablog.com

加藤寛先生がご存命ならいまの税制についてなんとおっしゃるだろうか?

それはともかく、頭では十分に必要な増税、制度改革だとは想ってはいるのだが、どこかで割り切れない恐ろしさがある。

私のUSB-C沼

ちょっと書いたが、考えてみればどれだけUSB-TypeCのアダプタ、ハブを買ったか注文履歴を調べて改めてびっくりした。

RGB端子接続だとMacBookの電池消費が激しいので(充電がおいつかないようなので)、hdmi端子接続のディスプレイを探してきてもらってこれに接続した。ところが、翌日MacBookからhdmiへ接続しなくなってしまった。

iMac、MacBook、ChromBook、小型PC - HPO機密日誌

obakasanyo.net

点数だけで言えばこの方を超えているかも。

  • 「お客様は、2017/5/9にこの商品を注文しました。」

ちなみに、これはいまも現役。軽くて、会議に行くのにもちあるくのにはもってこい。RGBとHDMIの両方がついているのがグッド。ただし、充電は全くできない。そもそも、USB-Cが元の部分以外にないのだから仕方がない。

  • 「お客様は、2018/1/13にこの商品を注文しました。」

この辺からずぶずぶ来てしまった。前回の反省で充電できるだろうと買ったのだが全然充電はだめ。

  • 「お客様は、2018/3/29にこの商品を注文しました。」

この辺から正気を失ったのではないかと自分でも想うのは、間違えてあと3つ注文してしまったこと。気がついたら、1台しかないMacBookのために身の回りに5個も、HDMI/USB-Cアダプターがあった。なんせどれも充電できない。

  • 「お客様は、2018/3/12にこの商品を注文しました。」

充電できないことがわかっていれば、最初の軽量のを注文すればよいのに、また使えないRGBアダプタをこの時点で購入している。自分でも使った記憶がない。なのに、4個も購入しているとAmazon君が教えてくれている。お母さん、ぼくのあのアダプター、どこにいってしまったんでしょうね。

  • 「お客様は、2018/9/26にこの商品を注文しました。」

確かこれは自宅で仕事をするのに、ディスプレイにつなごうと衝動的に買ったはず。Amazonの評判とか製品説明でも絶対に充電できるように書いてあったし。でも・・・、充電はできなかった。いくら衝動的とは言え、この時点で合計8個くらいhdmiないしRGBアダプタが私の周りに存在していたはずのに・・・。自分で自分の狂気を疑ってしまう。

  • 「配送済み 2019年4月13日」

USB-C Digital AV Multiport アダプタ

USB-C Digital AV Multiport アダプタ

さすがに、どうしても長時間MacBookで仕事をせざるを得なくなり、Apple純正品を買った。これは十分に役立ってくれているし、充電もできている。最初の一番単純な充電できないアダプタと、これを買っておけばなんの問題もなかったのじゃないだろうか。

で、今日もうひとつ同じものを注文してから、これは十分に軽量なので、MacBookと一緒にアダプタを外して持ち歩けばいいだけだと気づいた。ううう。USB Type-C沼の狂気は現在進行形のようだ。

サステナブルな社会構造: 「人工知能と経済の未来」

人工知能と経済の未来」を読み終わった。大変、示唆に富む本だった。人工知能というのはある意味でひとつのモチーフであり、産業構造がますます人手がいらくなくなるようになった未来をどう維持可能とするかを適切に思考している。

以前から開発主義経済について産業構造の変化との考察を経済学者がなぜ明確に言わないのか不思議に思っていた。いや、いくらでも開発経済学はあるじゃないかと想われるだろうが、開発が一巡した後、成熟社会への遷移についての言説を読んだ記憶がない。

hpo.hatenablog.com

アメリカの経済学者タイラー・コーエンは、その著書「大停滞」で、人々の物質的な生活は1950年代以降はほとんど変化しておらず、自動車も冷蔵庫も洗濯機も既に存在しており、なかったのはインターネットくらいであると言っています。これはアメリカの話しですが、日本でも高度経済成長期が終わった1970年代から、身の回りにある家電製品がほとんど変わっていないとよく言われています。
(中略)
いずれにせよイノベーションの果実は完全に食べ尽くされ経済成長は停止するかもしれません。あるいは、何らかの要因によってイノベーションが活発化し、経済成長率が高まる可能もあります。

と、ここから人工知能がいかにあらたな「汎用目的技術」となり、産業構造から究極までに人手がいらなくなる世界が描きださえれていく。人類全体の生産におけるべき分布で10%の人類が人工知能を使い(使われ?)全人類に必要な100%の生産を行う未来像である。恐ろしい。

hpo.hatenablog.com

とはいえ、ものづくりの現場に近いところにいる私の目からすればまだ絵空事。仮に汎用人工知能が開発されても、人体に相当する「義体」が安価に製造できるようにならないと現場での人手は必要。その意味では多くの人間が人工知能に使役される未来も描きうる。恐ろしい。

hpo.hatenablog.com

本書の真価は、最終章のBIがサステナブルであることを示した部分であると私は考える。

もっともこの辺の議論は原田泰氏の本に依るらしい。ベーシック・インカムについての経済学的な議論がなされていることを知らなかった。停滞しているのかと想っていた。

私は汎用人工知能の未来には確かに富が全人類に行き渡る仕組みが必要だと考える方。しかし、家族の問題などかなり制度設計が大事だと強く問題があるのも事実。

hpo.hatenablog.com

この議論で改めて何十年も払い込まないとまともに老後を送れない年金制度と比べると、フリーライダーへの防御機構を考えなければならないと気づいた。全世界が一気にベーシックインカムの制度を導入するとは思えない。一部の先進国が先にベーシックインカムを導入するのあれば、これまで全くその国と関係のなかった人々が大流入することは想像にかたくない。フリーライダーが増えればどこかで制度破綻する。ローマ帝国の無産階級の存在、蛮族の流入はよくよく歴史の展開として記憶に留めるべき。

hpo.hatenablog.com

繰り返すが、現在の年金制度、健康保険、所得税などの税制などは、国民と居住民、長期滞在者の福祉のおけるフリーライダーの排除という面ではよく機能している。ここがまたお役所の機能肥大につもつながっているので、ベーシックインカムだという議論はフリードマン以来よくよくされている議論。

長期的に見れば私が健康寿命として生きていられるである20年あまりの間に汎用人工知能が仮に開発されたとしても、国家体制をゆらがせるところまでの問題となるとは思えない。ケインズはまったく正しい、我々はみんな死んでいる。

iMac、MacBook、ChromBook、小型PC

なんか自分の仕事環境における広い意味でのPCに苦労したので記録としてエントリーをあげておく。

ことの発端は私の机の上のiMac。7年くらいは使ってきただろうか。すでに自宅で使っていた2009年機は、私の不手際もあり昇天してしまっていた。月末が近づき、それなりに忙しいにも関わらず、動きが悪くなってきていた。最近、MacBookをディスプレイ、テレビにhdmi接続してあちこちで使うのが普通になってきていたため、iMacを普通のディスプレイに置き換えても支障がないだろうと考えたのが運の尽きだった。

iMac君は降板してもらって昔からのRGB端子接続のディスプレイをメインの位置に置いた。これで全く問題なく仕事がはかどった。しかし、RGB端子は電力をかなり消耗するようでApple純正のUSB-C接続変換アダプターを使っているにも関わらず、電力があっというまに減っていた。

調べてみて、以下のエントリーが見つかった。

obakasanyo.net

ここで推奨されている「ドッキングステーション」はすでに販売完了だったので、その代替として割と評判が良さそうなものを選んだ。最初はよかった。やはりRGB端子接続だとMacBookの電池消費が激しいので(充電がおいつかないようなので)、hdmi端子接続のディスプレイを探してきてもらってこれに接続した。ところが、翌日MacBookからhdmiへ接続しなくなってしまった。仕事も山積みになっていたので、ここで大慌することになった。

*1

これは非常時だと宣言して買ったのがこれ、超小型PC、Windows10マシン。ディスプレイとキーボード、マウスなどがあればまず問題ないスペック。音も全くしない。オフィスで使うにはこれで十分。しかも、びっくりするのはiMacよりはるかに立ち上がるスピードが速い。XP当たりから完全にMacintosh環境に移行していた私には目から鱗状態。ただ、Chromeは結構「重い」のでいくつかリアルタイムでデータのやりとりをしているらしい&ローカルの描画にマシンパワーを使うFacebookとか、日本経済新聞Chromeで複数開けているとさすがにChromeがクラッシュする。それでも、Windows10のすごいのは、システム自体はクラッシュしないこと。えらい、えらい!

これと今後に備えて以前買ってあったChromeBookも引っ張り出した。現在仕事のほとんどをG Suite上で行っているのだが、ほんのちょっとした日本語入力だとか、画像の切り貼りとかローカルのアプリケーションを使いたい時にできないことがわかりこれも断念。

意外だったのが、数年前仕事のピーク時に突然画面が真っ黒になりなにをやっても使えなかったMacBookを取り出して、充電してスイッチを入れてみたらちゃんと動いたこと。これで救われた。

ということで、現在私のデスク周りには表題の通り通電していないiMacからMacBook x 2台、ChromeBook、超小型WIndows10PCが並んでいる状態*2。まあ、これでなにがあっても対応できるだろう。そうそう、すばらしいのは環境がこれだけ違うのに操作にほとんど違和感がないこと。広義の意味でのPCのインターフェースは、Windows vs Mac OSの対立をとうの昔に乗り越えてしまっているように想われる。Tronの夢は既に実現しているのだと。

痛快! コンピュータ学 (集英社文庫)

痛快! コンピュータ学 (集英社文庫)

*1:ちょっとコレジャナイ感がある。すでに廃版になってしまったのか?

*2:実はこれにiPhone8とPixel3a、何台かのGoogle Homeもある。hpo.hatenablog.com

社民党消滅せず

割と真面目に長い歴史のある護憲の守り神、社民党が消滅することが予想されていまた。これは、保守側が得票を伸ばすからではなく、「新選組」党、左派の新政党が票を集めるからだと言われていた。

jp.reuters.com

しかし、実際には2%以上の票を獲得し、生き残ったと。これは、改憲勢力が3分の2の議席をとれなかったことと合わせて、まだ昭和55年体制、戦後が日本において終わらない象徴だと痛感した。

www.sankei.com

社民党が消滅し、たった1行、1単語でも改憲できた時に、初めて日本人が米国を赦す日が来る。

hpo.hatenablog.com