読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

グリップの再々見直し

ラウンドレッスンに加えて頂いた。かなりいろいろ収穫があった。

ここのところ、アイアンが当たればウッド系があたらず、ウッド系があたればアイアンがあたらない状態が続いていた。特にドライバーはどうしようもなく、殆どつかわない状態だった。で、まず直されたのはグリップ。いつのまにか左手甲がボールの飛ぶ方向を向いていた。これを、左手も右手も親指と人差し指のV字が右肩を向くまで「かぶせて」握るように指導された。自分から見ると、右手は下腕の内側が見えるくらいまでかぶせる。四角いペットボトルをボールの飛球線方向に向けるか、右斜め上を向けて握るかのイメージ。とにかく、フェース面が正面を向くように練習すると。

他にもウッド系統を打つ時は膝は曲げても、目線、姿勢は正面を向くなどご指導をいただき、見事にドライバーが当たるようになった。スコア的にはまだまだだが、実り多かった。

こういう時、ブログをつけているとよいなと想うのは、まったく同じことを過去にも指導されてなおせなかった自分を自覚できるところ。

構えた時の右手の肘をなおされた。「後ろから見ている人に肘が見えないようにしなさい」と(中略)最期に、左手の甲の向きをなおされた。「ボールを打つ方向ではなく、正面右斜め上をむけなさい」と。左手の指はそのままで、手の甲の向きだけ変えて打つと、あら不思議!、ボールがまっすぐに飛ぶ!

グリップ見直し - HPO機密日誌

結構、このレッスンはよく覚えて、練習していたはずなのに1年経つと忘れている。いかんな、私。精進しろ、私。


■追記

よく見たら、ずいぶん以前から使っている室内素振り用のクラブはちゃんと教えてもらった右肩を向けるグリップになってる。

image

image

LYNX(リンクス) ティーチングプロ 2 TEACHING PRO 2

LYNX(リンクス) ティーチングプロ 2 TEACHING PRO 2