読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

グリップ見直し

ゴルフのレッスンを受けた来た。ここのところ、ぼろぼろなのでかなり気合いは入っていた。スタンスと、バックスイングはここのところ意識してきた。先生からは「それでいい」と言われた。構えた時の右手の肘をなおされた。「後ろから見ている人に肘が見えないようにしなさい」と。それと、「バックスイングの頂点でできるだけ身体からクラブが離れるように意識しなさい」と。確かに、その二点に気をつけて打つだけできちんととぶ。予備練習をしたときは、ボールにまともにあたりすらせずがっかりしていたのに。身体がきちんと打てる体制にすると、クラブは自然と球に当たってくれるのがよくわかった。何発かをほんのすこしティーアップして打った練習もよかった。それから、フェイスを開いて閉じる、いわゆる返す動作を練習した。手首、肘をゆったりとゆるゆるに構えるのが良いようだ。その方が、フェイスを返しやすいと感じた。これだけでボールの飛距離が全く違う。

最期に、左手の甲の向きをなおされた。「ボールを打つ方向ではなく、正面右斜め上をむけなさい」と。左手の指はそのままで、手の甲の向きだけ変えて打つと、あら不思議!、ボールがまっすぐに飛ぶ!

今日の練習は成果が大きかった。これをきちんと一人でできるようになれば、とりあず去年の終わりくらいまで回復できるだろうか。