読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

ハナの本棚

おおかみこどもの雨と雪」二回目鑑賞達成。

今回はできるだけハナの本棚を目に焼き付けようとした。

草野心平詩集 (岩波文庫)

草野心平詩集 (岩波文庫)

ロング・グッドバイ

ロング・グッドバイ

ヘッセ詩集 (新潮文庫)

ヘッセ詩集 (新潮文庫)

狼関連の本も二、三冊あったように思う。当然出産本も何冊も、園芸本も何冊も。さすが、元東大一橋大生! *1

子どもの本も次第に増えていった。

ライオンと魔女(ナルニア国ものがたり(1))

ライオンと魔女(ナルニア国ものがたり(1))

床下の小人たち―小人の冒険シリーズ〈1〉 (岩波少年文庫)

床下の小人たち―小人の冒険シリーズ〈1〉 (岩波少年文庫)

これは人様からの情報ですが。

高野文子の「黄色い本」とか西原理恵子の「毎日かあさん」っぽい本があったのは個人的にツボ。

https://twitter.com/aomeyuki/status/227251057976279040

黄色い本 (アフタヌーンKCデラックス (1488))

黄色い本 (アフタヌーンKCデラックス (1488))

毎日かあさん 1-7巻 セット

毎日かあさん 1-7巻 セット

雨の本棚に「ともだちは緑のにおい」と「海のにおい」が並んでた。

ともだちは緑のにおい (きみとぼくの本)

ともだちは緑のにおい (きみとぼくの本)

ともだちは海のにおい (名作の森)

ともだちは海のにおい (名作の森)

そうそう、「森はいきている」も。

森は生きている (岩波少年文庫)

森は生きている (岩波少年文庫)

「オオカミがやってくる」だった気がするが、移動図書館で雪が借りようとしていた。

オオカミがやってきた! (絵本・こどものひろば)

オオカミがやってきた! (絵本・こどものひろば)

これはリスト化したいので、ぜひご協力をお願いします。


id:nanto_viさんのコメントから

雨、あめ (児童図書館・絵本の部屋)

雨、あめ (児童図書館・絵本の部屋)

*2

ちいさいモモちゃん (講談社文庫)

ちいさいモモちゃん (講談社文庫)

ちょうど育児がはじまって、まだ田舎に引っ越す前の本棚だったような気がします。

ありがとうございます。


「おおかみこどもの雨と雪」の本棚が気になる のtogetterから

世界史の構造

世界史の構造

これはまだ学生のころ。

広辞苑 第六版 (普通版)

広辞苑 第六版 (普通版)

さすが、現役の学生。というか、これだけはずっと本棚にあったような。

神智学 (ちくま学芸文庫)

神智学 (ちくま学芸文庫)

本棚にあったのは、ハードカバー。ハナの専攻は哲学だったのかな?

クローディアの秘密 (岩波少年文庫 (050))

クローディアの秘密 (岩波少年文庫 (050))

たのしい川べ (岩波少年文庫 (099))

たのしい川べ (岩波少年文庫 (099))

そうそう、確かに。「床下の小人たち」とか、ハナはファンタジーにも興味を持ってる。

尾崎翠 (ちくま日本文学全集)

尾崎翠 (ちくま日本文学全集)

尾崎翠はこれだったかな?名前が書名に入ってたきがするけど。どなたか教えてください。 → コメントいただいた。

棒がいっぽん (Mag comics)

棒がいっぽん (Mag comics)

これも高野文子。「黄色い本」も、「棒がいっぽん」もまったく気づかなかった。

自然流育児のすすめ―小児科医からのアドバイス

自然流育児のすすめ―小児科医からのアドバイス

育児本は何冊かあった。書名までは読み取れなかった。ハナは何でも本で学習しちゃうひと。すごいよね。


■その後、コメントいただいた。

おおきな木

おおきな木

クラバート

クラバート

本州のウミウシ―北海道から奄美大島まで

本州のウミウシ―北海道から奄美大島まで


■追記

東京と引っ越し後に分けてリストを作られた方がいらっしゃる。すばらしい。