HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

「神への長い道」と日本のSF発想の欠如

小松左京の作品をKindleで読める。この手軽さは、まさに子供の頃読んだSFの世界。SFだった世界が21世紀の今まさに現実になっている。

本書のタイトル作品、「神への長い道」は長らく探し続けた作品だった。ずいぶん前に読んで、日本の少子高齢化の未来はこんなに簡単に自殺してしまう人々が増えるのだろうと想った。科学技術の進歩と普及により、働かなくても生きている社会。しかし、未来に希望はない。そんな状況では人は簡単に死ぬ。

もうひとつ、ここに出てくる未来人のコミュニケーションの方法が大変ユニークだった。大変な高速で話す未来人達の議論とは、幾人かが同時に一方通行で話すだけ。ただ、その場のいわば「タイムライン」で拾える意見があれば自分の話しに取り入れるのだと。実は、その方が順番に話すよりもコミュニケーションの効率がいいのだと描かれていた。これは当に現代の携帯や、ブログ等のコミュニケーション方法ではないだろうか?

未来人達は、その境界すらも常に入れ替わるという描写があったように記憶していたのだが、これはウェルズの「タイムマシン」刊行百周年記念公式続編「タイムシップ」と一部記憶が混乱してたのかもしれない。こちらの「未来人」の姿が暗喩する未来型の人格の在り方も実に示唆するものがあった。

タイム・シップ〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)

タイム・シップ〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)

タイム・シップ〈下〉 (ハヤカワ文庫SF)

タイム・シップ〈下〉 (ハヤカワ文庫SF)

日本のSF界隈が実に残念だなと想うのは、SF的なガジェットや、SF的な登場人物はライトノベルなどの分野で一般化したものの、60年代からバブル期くらいまでの「ハードSF」と呼ばれる発想自体が実に斬新な小説群がいまの日本には見当たらないことだ。パニックものとして定着してしまった、「日本沈没」は故竹内均先生自ら出演されるほど地学的な裏付けと大胆な発想に基づいていた。上述の「神への長い道」もネタバレは避けるが、実に人間の本質に迫る発想が内包されていた。光瀬龍の「百億の昼 千億の夜」は言うまでもなく。星新一も、筒井康隆も、そのSF発想にこそ真価がある。あっと言わせるようなSF小説をぜひ読みたいものだ。

日本沈没 決定版【文春e-Books】

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)

ボッコちゃん (新潮文庫)

筒井康隆全集 (10) 家 脱走と追跡のサンバ

ちなみに、ちょっと空港のペーパーバックを眺めている程度の知識しかないが、いまだにハードSFは売れている。と、いいながら旧いネタで恐縮だが、「ハイペリオン」は当時大変なベストセラーになったと聞いている。

hpo.hatenablog.com

イーガンも売れているのではないだろうか?

hpo.hatenablog.com

米国のスパコン量子コンピューターこそ宇宙空間でなどSF好きの発想だと私は勝手に解釈している。

AIや自動運転 「量子」が突破口 演算速度1億倍  :日本経済新聞

確かに未来を感じる。なんだっけ、人の頭を絶対零度で並列につないだ量子コンピュータとかSFに出て来てた。そんな話すら現実に。ついでに安定した絶対零度環境は宇宙空間かも。

2017/08/12 16:23
b.hatena.ne.jp

スパコン宇宙で耐久実験 米HPE、火星探査想定  :日本経済新聞

と、ついっとしたら、もうそれこそ現実に。すごいぞ二十一世紀!

2017/08/12 16:25
b.hatena.ne.jp

話しがだいぶずれたが、ライトノベルな現代日本にかつをいれるためにも、小松左京は再評価されていい。いや、自分でもっと過去のSFを発掘してみたい。


■参考

togetter.com

COMEMO出現=はてなブックマークの危機

日本経済新聞のウェブ版の各記事にはソーシャルブックマークボタンがついている。長らく、 TwitterFacebookEvernoteと並んではてなブックーマークもついていたが、最近変わった。

日本経済新聞 ソーシャルブックマーク

AI支えるイランの俊英たち 知られざる理系大国 :日本経済新聞

日本経済新聞社自体がソーシャルブックマークサービスを始めたのだ。使ってみたが、よくできている。

comemo.io

しかも、日本材新聞ウェブ版に秀逸なエントリーは載せてもらえるらしい。

日本経済新聞COMEMO

経済、株価、ビジネス、政治のニュース:日経電子版

正直、うらやましい。

このに日本経済新聞側での変更は、はてな界隈の最近の「変質」が影響しているのではないだろうか?

hpo.hatenablog.com

実名を出して記事に対する意見を言いたい人にとっては、はてなブックマークよりも COMEMO の方がはるかにメリットがある。いまのところ、はてなと比べるとはるかに読者数は少ないが今後の成長には着目していたい。正直、日本経済新聞のウェブページに載っているかどうかは株価にも影響するのではないか?また、試行錯誤もしてみたい。

ゴルフ交流

今日はお世話になった方々と初めて自分主催でコンペをやった。テーマは、「みなさんへの感謝を形にする」、そして、「帰って家族に喜ばれるコンペ」。割とみなさんに喜んでもらえたと思う。ゴルフを1ラウンドすると、球が右にそれたり、なくしたりといろいろなことがあるので、それぞれの事象への対応を見ると実によく人間性が出る。スポーツとしては、競い合うよりもお互いをサポートし合う面が強い。お互いによいスコアがでるように励まし合うことが当たり前。それに、途中と後とで食事をしたり、お茶をしたり交流する時間が長い。一日一緒にいる。実に気心が伝わる。紳士の国でできた紳士のための紳士なスポーツなのだ。今回のような交流の手段にはもってこい。わかってはいたものの、自分で主催すると一段と気持ちがはいった。

スコアは、あまりに振るわなかった。それでも、一応人様とお付き合いさせていただくレベルにゴルフも達したとは言ってもらえた。ありがたいことだ。私がゴルフを毛嫌いしていた頃を知っていらっしゃる方々なので、こんなにハマってる私を見てかなり意外だったようだ。

とはいえ、一ホールで2つOBをたたくなどちと情けなかったかな。一つひとつのラウンドを最も大切にしないとと反省。トリッキーで、ティーショットの範囲が狭いホールはやはり刻んでいかないといけない。

「生き方」勉強会

社内研修のテキストとして稲盛塾長の「生き方」を用いた。びっくりするほど高レベルのレジュメが出てきて、中堅社員の社風理解と「生き方」の相性の良さを実感した。

生き方―人間として一番大切なこと

生き方―人間として一番大切なこと

心から参加者の意欲と見識の高さを褒めたたたえたい。

話題の中で例えば、本書で語られる仕事と人生の成果の方程式、「成果=考え方×熱意×能力」について、「熱意と能力は測ることが可能だが、考え方は見えないので社風として定着させようとする時に難しい」という指摘があった。まさに塾長もそう思われたのか、最近出た「生き方」の続編にあたる本は、「考え方」というタイトル。

考え方~人生・仕事の結果が変わる

考え方~人生・仕事の結果が変わる

よく読み込むと、本書には良い生き方のヒントだけでなく、良い会社、良い社風のヒントもたくさん入っている。実に素晴らしい勉強会だった。

▪️追記

参考までに。

hpo.hatenablog.com

Fabby is savvy.

Google社が買収したというので、早速落として試してみた。

Fabby — 写真・動画エディター

Fabby — 写真・動画エディター

  • AIMATTER OOO
  • 写真/ビデオ
  • 無料

完全全自動で図と地の区別、顔のパーツの認識、立体としての顔の向きまで判別してる。しかも、合成も2.5次元というか見事に自然に合成される。これがニューラルネット型のAIで動いているのだとしたら、相当な技術。*1

*2

これはかなり楽しめそう。

*1:一応、学部生レベルの話しだが、人の網膜から脳に入るあたりの画像処理特性が卒論のテーマだった。  茂木健一郎さんとHPOの比較 - HPO機密日誌

*2:当初、別の画像だったが、諸事情で差し替えた。某お人形なのだが、Fabbyは人間の顔ではないと認識したらしくエフェクトの選択のところで、この画像では「顔」ボタンがでてこない。

三浦瑠璃を読み始める

本来、「三浦瑠璃氏の『日本に絶望している人のための政治入門』を読み始める」とタイトルすべきだが、あえて短いタイトルにした。

言うまでもなく、作者は「山猫日記」の中の人だ。

lullymiura.hatenadiary.jp

と、ここまで書いてから、山猫日記がはてな界隈だと気づく。

hpo.hatenablog.com

本タイトルの理由でもあるが、山猫日記はブログという形式で読むには長い、しつこい、くどい。しかし、ブログエントリーを基本とするはずの本書は、大幅に加筆訂正されたせいもあるのか、実に読みやすい。新書という形と三浦氏の書きぶりは実にマッチしていると言える。

最初数章を読むだけで、日本のリベラルも、保守も、いかにどん詰まりにいるかがよくわかる。急所をうまく責めている。そりゃあ、ここのところ、はてさ派から攻撃されるはずだ。旧来の保守に三浦氏は一つも肩入れいていないのに、リベラル=(右派から見た時の)左派から三浦氏が攻撃を受けるのは不当だと言える。

この先を読むのが楽しみだ。女性防衛大臣、民間からの大臣あるいは補佐官採用には三浦氏を候補に加えるべきだと私は思う。

郡警察でなく軍警察だった : The Big-O on Amazon Prime

かなり快適にThe Big-Oを視聴している。

以前、まだネットが遅くて動画がみるのが大変だった時代、よく見ていた。確か、当時はシーズン1しかなかった。しかも、最後は同じ場面の繰り返しだったりした。

たしか、これが見たいがために昔のShowtimeに入った記憶がある。

www.showtime.jp

YouTubeで見れることを発見した時は、自分が壊れそうなほど見た。

hpo.hatenablog.com

にもかかわらず、かなり印象が違う。現在シーズン1の最初の方を見ているのだが、一話に出て来たギャングとの掛け合いが前半のほとんどだったように記憶する。今回見ていて一話一話に深い感情を感じる。全面作り直されたのか?いや、そんなはずはない。

他にも、思い違いは多々あるようだ。例えば、ロジャー・スミスが所属していたのは「郡警察」(County Police)ではなく「軍警察」(Military Police)、いわゆるMPだと今回知った。あるいは、R.ドロシー以外にもアンドロイドが出てきたことを記憶していなかった。

いずれにせよ、これだけクリアに、自分の好きな時にこの作品を見れることは、実に興味深い。感慨深いといってもいい。これからのメモリーをめぐる冒険が楽しみだ。