読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

「これくらいは」が原理原則を滅ぼす

満州の暴走」で安冨先生は、満州という欺瞞の構造がいまの日本にも生きていると主張しておられる。そもそも満州国は石原完爾のが総力戦を戦うために「これくらはいいだろう」と起こした軍紀違反の柳条湖事件がきっかけで生まれた。憂国の動機であっても、軍紀違反、結果オーライで満州を日本軍が占領し、傀儡国まで成立させてしまったことは、確かに安冨先生のご指摘の通り、敗戦までつながっていく構造だ。

石原完爾の「最終戦争論」。そして、石原の思惑通りにならなかった戦前の陸軍。「ポジティブフィードバック」、雪まろげの代表的人物として本書の中で扱われている。二次元から三次元の戦争という航空機優位の予言、最終決戦兵器という核兵器の予言など、これだけ聡明な人物でも自分の考えだけでは意思を達成することはできない。石原完爾についてはずいぶん読んだ。

「満州暴走 隠された構造」読了 - HPO機密日誌

ある方とお話しした。その方は東芝の問題を大変憂えていらした。サラリーマン社会では倫理を踏み越えてでも成績をあげた人間、ライバルを叩きつぶしてでも出世する人間がどうしてもトップリーダーになってしまいがちだと。このメカニズムも、内部構造の変化という安冨先生の「貨幣の複雑性」の問題にもつながるのだが、いまはそれは置く。問題なのは、こうした人物はどこにいっても同じ行動を繰り返すことだ。

 日本郵政は豪州の物流会社トール・ホールディングの資産を洗い直し、4003億円の損失(減損処理)を明らかにした。鳴り物入りの「戦略的買収」は、わずか2年で財務を揺るがす「お荷物」と化し、日本郵政の2017年3月期決算は赤字に転落する。

 「疑惑の買収」を主導したのは当時社長だった西室泰三氏。東芝を泥沼に引き込んだ米国の原発メーカー・ウエスティングハウス(WH)の買収を画策した人物だ。

日本郵政4000億損失、元凶はまたも元東芝・西室泰三氏 (ダイヤモンド・オンライン) - Yahoo!ニュース

たぶん、「これくらいはいいだろう」とフィージビリティが不足していても企業買収をして成功した事例が東芝、郵政の中心的な人物にあったのではないだろうか?石原完爾と同じ構造だ。石原完爾はまだ、他に対して抑制する言動をその後していたが、それすらないのだろう。

日本に原理原則に則った経営、組織運営が根付かないのは「これくらいはいいだろう」、「結果がよければ過程は問わない」といった現世利益優先の姿勢があるからではないだろうか?また、なぜか日本は偉い人達に対して甘い。安冨先生が「立場主義」と揶揄されていたが、偉い人ほど厳しく罰せられるべき。中国が強いのは、偉かろうか、平民だろうが、強くなければ、間違いがあれば、確実に粛正されるから。これもまた別に論じたい

先の方は、これからの未来の戦略物資であるメモリー技術を海外に売り渡すことは日本の国益の中核に関わること。まして、原子力の技術もこれで終わってしまいかねないだろう。革新機構などの政府機関の出動を含め機動的に行うべきだ。当然、「戦犯」の懲罰、社風の徹底革新が前提となる。JALの再生が参考になるに違いない。

新生JALとして掲げた企業理念の冒頭に「全社員の物心両面の幸福を追求する」とあります。これは「お客さまに最高のサービスを提供」するのも、「企業価値を高め、社会の進歩発展に貢献」するのも、全てはJALグループに集う社員一人ひとりの懸命な努力の結集があればこそ実現できることであり、社員が一生懸命努力するためには、心の底から「JALで働いていて良かった」・「JALの一員として頑張ろう」と思うことが大切であるという考えがあるからです。
また、物心両面の幸福とは、経済的な安定や豊かさに加えて、仕事に対する誇り、働きがい、生きがいといった人間の心の豊かさを求めていくことで、素晴らしい人生を送るとともに、心をひとつにして一致団結し、お客さまに最高のサービスを提供できるよう、必死の努力をしていかなければならないという、思いを込めております。

企業理念とJALフィロソフィ|JALについて|JAL採用情報|日本航空株式会社

日本独立記念日

本来、国をあげて祝うべき日。

敗戦から6年後の昭和26年9月8日、サンフランシスコ講和条約吉田茂首相によって調印され、ようやく日本に主権が認められました。
 日本に独立が認められた背景には、来るべき冷戦の時代に日本を資本主義陣営の尖兵として利用しようというアメリカの戦略がありますが、これを吉田茂首相が利用して今回の条約締結へ持っていきました。条約発効の翌昭和27年4月28日(昭和天皇の誕生日の前日)に、日本は6年をこえる連合国による占領から解放され、国家として主権を回復することができました。
 この日から、日本への検閲や強制もなくなり、各家庭の軒先にも堂々と「日の丸」を掲揚することも出来るようになったのです。
 4月28日は、日本が植民地から再び「独立」できた栄誉ある日なのです。

4月28日を日本の独立記念日に

安冨先生がよく「魂の脱植民地化」だとおっしゃる。日本が米国のいまだに占領下であることはいうまでもない。それも、物理的に占領されているだけでなく、心から負け犬根性、被支配者になっていることが悲しい。確かに、むなしい独立記念日かもしれないが、それでも認識しない、祝わないよりはましだと。

戦後の米国による日本の支配は、痛いほど感じている。

「満州暴走 隠された構造」読了 - HPO機密日誌

P-23

先日、旅行に出かけた。古い旅館に泊まり、旅を満喫した。湖と山があり、日本らしさが感じられた。帰る段になり、たまたま名も知らぬ男女のカップルと知り合った。私も急いでいたが、その二人も今すぐに出発したいと。近くの空港に向かうと、まもなく出発する便のウェイティングのチケットが三人分買えた。セルフのキオスクでクレジットで処理し、チケットの印刷を待っていると、次のお客が力一杯カードを挿入したので空港の全ての電気が止まってしまった。窓の外からそれまでこうこうとついていた滑走路を照らす照明も、山の背の高いシダーウッドを観光で下から照らしていた照明も、消えてしまったのが見えた。これは大変だ、飛行機が遅れるなと。それでも、飛行機が飛べそうだと言うので滑走路に向かうフェリーに慌てて乗った。乗る途中で先ほどのカップルとははぐれてしまった。フェリーは水中翼船でものすごいスピードが出た。スピードの余り滑走路のある桟橋からずいぶん離れた場所に一瞬でついてしまい、そこでおりろと言われた。牧場か、深い山の中腹のようなところだった。必死の思いで飛行機の桟橋に向かった。途中から、周りに私と同じように桟橋に向かう人達と出会った。多くは同郷の昔馴染みの方々だった。私の街には空港があるので、まあ不思議ではない。柵を越え、谷を降り、桟橋にたどり着いた。多くの乗客はすでに乗り込んでいた。ウェイティングの番号が呼び上げられて、いまにも飛び立ちそうな状態だった。「最後です。Pの23のチケットの方!」、帽子をかぶった真面目そうな担当者が呼び出した。自分のチケットを見ると、それぞれが赤い丸で囲まれた「P」、「23」という文字が印刷されていた。一瞬だったカップルはどうなったか、大変申し訳ないとおもいながら、飛行機に乗り込もうとした。

・・・、その瞬間目覚ましがなって目が覚めた。その前に目が覚めた時から一時間とたっていない。夢とは一瞬で生成される記憶なのか、ストーリーとして時間の経過とともに「経験」するものなのかしばらく考えてしまった。あのリュックを背負った人の良さそうなカップルは無事帰れたのだろうか?

world-of-warplanes.wikia.com

「満州暴走 隠された構造」読了

大変、共感を持ちながら本書を読んだ。安冨先生とは年が確か1つしか違わないので、興味の対象も似てくるらしい。

本書は、深尾葉子氏との共著、「『満洲』の成立 -森林の消尽と近代空間の形成-」に基づいている。タイトルの通り、大森林であった「満州」がいかに「近代化」され、荒野となっていたったかの歴史が背景として語れる。ここには、もちろん日本の関与が大きい。

「満洲」の成立 -森林の消尽と近代空間の形成-

このメカニズム、「隠された構造」を説明するために、「縁起」という考え方が用いられている。本書の随所に線形、非線形の現象の問題、そして、縁起の問題が出てくる。これは、因果の間に縁があるという発想だと信じる。いうまでもなく、私は仏教にも、非線形科学にも大変興味を持っている。

hpo.hatenablog.com

hpo.hatenablog.com

「森林の消尽」のメカニズムを説明するために、安冨先生は満州華北の市場ネットワーク分析もされている。満州は、清の支配者、満州族の故地であるため入植などを禁じられていた。そこが清の崩壊と、満鉄のネットワーク化、そして、森林の後に作られた大豆が国際商品化したことにより、一気に満州商流の「ネットワーク化」が進んだために、ハブが明確で単純な構造となった。ところが、満州に隣接する華北にはそれならりの迫害の歴史があるため、インターネットがそうであるように、部分的に閉鎖されたり、滅ぼされたりしても、稼働するようになっている。この違いが、満州国設立を容易にし、逆に華北以下の日中戦争が泥沼化したのだと。まさに社会的ネットワーク分析だ。

image

hidekih.cocolog-nifty.com*1

hpo.hatenablog.com

そして、満州の歴史と戦争の話しは切っても切れない。本書は、安冨先生と戦争論と言ってもいいほど、戦争の形態、太平洋戦争の因果について論じられている。まずは、総力戦。なんといっても私の愛読書「未完のファシズム」。この本は、「満州暴走」の参考文献にも上げられている。

hpo.hatenablog.com

それから、石原完爾の「最終戦争論」。そして、石原の思惑通りにならなかった戦前の陸軍。「ポジティブフィードバック」、雪まろげの代表的人物として本書の中で扱われている。二次元から三次元の戦争という航空機優位の予言、最終決戦兵器という核兵器の予言など、これだけ聡明な人物でも自分の考えだけでは意思を達成することはできない。石原完爾についてはずいぶん読んだ。

hpo.hatenablog.com

hpo.hatenablog.com

留用、戦後の中国の有様については語る言葉もないほどの悲惨さであったと。

hpo.hatenablog.com

hpo.hatenablog.com

hpo.hatenablog.com

戦後の米国による日本の支配は、痛いほど感じている。

img_0 http://www.chijihon.metro.tokyo.jp/kiti/kuiki/kuiki.htm
羽田空港、というか東京自体が西側を横田空域、つまりは首都圏を航空管制を米軍に握られてたまま戦後は推移している。以下に述べるように、徐々に返還はすすんでいるもののいまのところ完全返還は戦後何年たっても難しい。

成田空港と同い年の私にもうひとこと言わせてくれ - HPO機密日誌


ここまで興味の範囲が一致しているのに、最後の結論は正反対。私は、ここまでの歴史と社会構造の変遷を学んだ上で、日本がいまだに米国の支配下にあるからこそ安倍首相を応援したいと想っている。逆に安冨先生は、だからこそ、安倍首相倒すべきだと。

*1:H29/4/26現在、ネットワーク図へのリンクが切れている。近々張り直す予定。多分・・・。

「HPO:個人的な意見 ココログ版」 第1分冊、第2分冊

大引っ越しをしなければならないというので、書棚を整理し始めた。出てきたのが、これ。

image

ココログでブログを書いていたことは、「あの頃は楽しかった」とか言い始めたら人生終わりだと想っていた。あれから、十年以上が過ぎて五十代になった今の私としては、まさに「ああ、あの頃は楽しかった」と言いたい気持ちになっている。

hidekih.cocolog-nifty.com

あの頃は、あの頃なりに苦しんでいた。仕事も大変だったし、家庭も大変だった。それでも、十年も経つとつらいことはみな忘れてしまうようだ。目次を眺めているだけで、ブログを書いていた(ああ、いまも一応は書いてはいるが)興奮が思い起こされる。引っ越ししても、書棚の奥にそっと隠しておこう。

経済効果の波及にかかる時間

安冨先生にぜひ解明していただきたかった問題。「経済学の船出」で扱われた経済学の最適化に関わる計算量が無限大になるという話しに関連した話。

経済学の船出 ―創発の海へ

経済学も学問なので、独立変数Xが変化した時、Yがどう変化するかを説明する。この時、経済学のありとあらゆる理論、説明はXが変化した後、恒常状態になった場合のYをなんの説明もなしにもってくる。

Y=C+I+G+(X-M)
Y=総供給、C=消費、I=投資、G=政府支出、X=輸出、M=輸入

マクロ経済についての質問ですが、 Y=C+I+G+(X-M) Y=総... - Yahoo!知恵袋

ありとあらゆる物理の式は時間の経過を前提にしている。例えば、落下物の移動距離は時間の関数として表せる。

L = - 1/2 g t^2

重力や、電磁波がどのような形で働いているかは不可知でも、その波及スピードが人間の生活時間から見れば無視できるほど短い時間で不可知の力Xの対象Yへの作用が恒常状態になる。よって、観察可能で、可知でると宣言できる時間の単位では、XとYは線形の関数で表せる。

経済学の式は、熱量の変化による恒常状態の式のようだと想っている。「熱力学的平衡」というのだそうだ。

熱力学的平衡(ねつりきがくてきへいこう、英語: thermodynamic equilibrium)は、熱力学的系が熱的、力学的、化学的に平衡であることをいう。このような状態では、物質やエネルギー(熱)の正味の流れや相転移(氷から水への変化など)も含めて、熱力学的(巨視的)状態量は変化しない。

熱力学的平衡 - Wikipedia

ここでは、分子にあたるのが個々の人間となる。これをマクロで見るのか、ミクロで見るのかで、基本的にはマクロ経済学ミクロ経済学となるはずがどうもそうではない。どちらの分野にしろ、時間の経過による変化、百歩譲って経済学の原理が正しいとしても、どのくらいの時間の経過で作用するのかを明確に定式化した経済学に出会ったことはない。

日々「事業」という経済活動に関わるものとしては、まさにこのどれくらいの時間の経過で、需要と供給が恒常状態になるのかを知りたい。経済学の原理に基づけば、ほとんどの中小企業は熱的死に至ることになってしまう。しかし、日々企業は生まれ、継続し、いくつかの企業は大企業という盤石の地位を獲得し、いくつかの企業は老舗と呼ばれるほど事業を継続し、いくつかの企業は死滅していく。すべてが時間の作用であり、経済学の理論では説明できないわば熱的な「ムラ」、「淀み」に生息していると言える。

hpo.hatenablog.com

安冨先生は別の方向に行ってしまわれたようだが、「貨幣の複雑性」と「経済学の船出」の先に描かれるべき経済学があったように想う。

hpo.hatenablog.com

フェイスを開いて閉じる

久しぶりのレッスンラウンド。プロからクローズにしていたドライバーのフェイスをオープンにするように直された。クローズにすると自然と身体が調整してしまい、「右手が左手を追い越す」動作にならずスライスが直らないと指摘された。「いまのままで飛ばないドライバーショットを一生続けるの?それとも、今フォームを変えて飛ぶように変わる?」と。

hpo.hatenablog.com

1年前に教えてもらったことを、パワーグリップすることを除いて身についてなかったことが露呈してしまった。確かに、きちんと右手がローリングするように使えるとボールは左手に飛んでいく。フェイスをオープンにして、身体が右を向いているのに、それでも左手気味に行くくらい。ここのところ、ドライバーが右に左にアンコントローラブルだったので、大変なヒントになりそう。ドライバーとアイアン、アプローチとで、打ち方をある程度分けて考える必要もあるかもしれない。いずれにせよ、フォームの変更になるので後戻りは出来ない。これからまた相当な練習が必要だ。精進、精進。