HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

「歴史的建築物と建築基準法」

いま流行りの古民家の活用の話しを脇で聞く機会があった。どれだけ魅力的な建物であり、うまく活用すればすばらしい施設に生まれ変わるとはわかっていても、法的な整合性はかなり問題があるように思えた。まず、多くの人が「だってちゃんと建っているんだから使えるだろう」と思っているのが、建築的にはすでに間違い。

既存不適格(きそんふてきかく)は、建築時には適法に建てられた建築物であって、その後、法令の改正や都市計画変更等によって現行法に対して不適格な部分が生じた建築物のことをいう。
建築基準法は原則として着工時の法律に適合することを要求しているため、着工後に法令の改正など、新たな規制ができた際に生じるものである。そのまま使用していてもただちに違法というわけではないが、増築や建替え等を行う際には、法令に適合するよう建築しなければならない(原則)。
当初から法令に違反して建築された違法建築や欠陥住宅とは区別する必要がある。

既存不適格 - Wikipedia

「古民家」というからには「民家」、人の住む居住目的の建物として建てられている。これを宿泊施設や、飲食施設にするには「用途変更」という建築基準法に基づく建築確認のいわば「取り直し」をしなければならない。住居から「特殊建築物」への変更というやつだ。

用途変更の前に確認申請が必要となるのは、変更後の用途(全部または一部)が「類似用途ではない特殊建築物」であり、その用途に供する部分の床面積が100平方メートルを超える場合だ。それに満たない床面積の用途変更は、特殊建築物の場合であっても不要となる。特殊建築物の種類については「建築基準法別表第1(い)欄」に掲げられているが、一般的には専用住宅、長屋、事務所以外の建築物と考えておけばよいだろう。共同住宅(マンションなど)も特殊建築物に含まれることは理解しておきたい。

https://www.homes.co.jp/cont/press/reform/reform_00412/

私の肌感覚的には、案外平屋の古い建築物は耐震性はなんとかなっている。消防関係は人の命にも関わるので結構必須となる。まあ、100㎡、30坪以内の建物利用とすればこれもクリアできるのだろうか。

国土交通省は昨今の観光産業育成流行りの中、見解を示している。基本的には地方自治体が古民家活用について条例を定めれば緩和、適用除外が受けられるらしい。

歴史的建築物と建築基準法について 国土交通省 住宅局 建築指導課

事例がわかりやすい。

歴史的建築物と建築基準法について 事例1
歴史的建築物と建築基準法について 事例2

日本の歴史的な建築物という遺産を守り、これからの成長産業、観光が地方で育成されるために、こうした柔軟で有効な法律の適用な期待される。

成田空港人手不足問題

成田空港の保安検査員の人手不足が話題、とずいぶん前に書きかけてやめていた。

togetter.com

調べて書こうと想っていたら、このはてな界隈で私のエントリーなんて比べものにならないほど良記事を発見した。それ以来、id:narippiさんの大ファン!

www.love-narita.com

NHKでも取り上げられていた。

www.nhk.or.jp

まあ、公務員化するより単に手数料あげてやれれよ、給与水準あげればいいじゃんとは思った。

で、いまも続いているのか?関係者に聞いたら、やはり離職は続いているらしい。大変残念でならないのが、第一、第二ターミナルとくらべて第三ターミナルの仕事がきついのだと。いまの成田空港はLCC頼みになっているので、こうなってしまうらしい。ただし、実は空港関係のあるセクターの会社には検査員の資格者が大量にいるためにあまり危機化していないらしい。とはいえ、繰り返すが給料をもう少しあげればなんとかなるような気もするのだが。

hpo.hatenablog.com

高齢者は「捕食動物」なのか?

実は昨日の「若者の未来が介護でつぶされてい」というエントリーのツイットには後半がある。高齢者とは、若者の金と時間を「捕食」する存在であるという話しだ。

このツイットがなぜか数万単位のImpressionを稼いだ。私の元エントリーにも数千単位でページビューが発生した。

hpo.hatenablog.com

それでも元エントリーのブクマが増えなかったのは、相変わらず私の書きぶりが下手だからだろう。また、あまりに当時の自分の倫理感に反するので「捕食動物」と書きながら、本文では種明かししていなかったためなおさらわかりにくかった。

ま、ここまでくればまれにいらっしゃる当ブログの読者なら予想のつく、日本の人口動態のある部分を捕食生物だと仮定して、比較してみた。(中略)私が人口動態のどこの部位を捕食生物に想定するのかはエクセルファイルをダウンロードした方のお楽しみ。

エクセルの表で「捕食動物」項のタイトルを赤く色付けした。

ロトルカヴォルカモデル

そう、「65歳以上」の人口を捕食動物とした時に、ロトカ=ヴォルテラの方程式という生物群の数の予想モデルと日本の人口予想がぴったりフィットした。エントリーの前半で混乱していたのは、「捕食動物」と仮定した高齢者は残りの寿命が短いため途中からその数が急速に減っていくことを考慮していなかったから。

そんな力もないので、ではこの捕食動物を意図的に減らしたらどうなるかのシミュレーションは行わない。65歳以上で20年程度の寿命と仮定したものを例えば、15年、10年と減らせばいいだけのことだ。それでも、儒教的な教育を受けてそだった私には、西欧人が火葬を怖がるように、高齢者についてどうのという言説は恐ろしい。とは言え、自分もあと15年もすれば「捕食動物化」することになるのだろう。その時に、どういう存在でいるのか?自分でもいまわからない。

若者の未来が介護でつぶされている

ここのところ、私のまわりで介護を理由に仕事を継続できなくなった若い、20代の若者が複数いる。

こうしたケースは決して珍しいことではないのだろう。

www.nhk.or.jp

結構、問題なのはいまの介護保険では若年性の痴呆の場合は、認定のレベルが低くなるため他人任せにできるほど手厚い保険の対象とならないこと。当然、私の周りでは50代、60代でも親や、場合によっては連れ合いの痴呆で仕事を減らして介助という状態にもなっている人たちも出ている。

20代で身内の介護だけという生活になった場合、なにが問題ってその若者が受けるべき職業訓練がまったく受けられなくなること。介護の経験を活かして関連の仕事といっても、コンプラが幅をきかせるいまの時代では正規の教育を受けて資格をとっていなければ働けない。20代のうちだからこそ学べる職場と仕事の基本というのはあると思う。

以前、ある医者から大昔は高齢者の病気の場合、家族の状況を見て治療の度合いを調整していたのだと言っていた。いま、もしそんなことをしたらコンプラどころか、刑法の対象となってしまうだろう。でも、それでいいのだろうか?回復する見込みのない痴呆で家族が暴力をふるわれる、徘徊させないために24時間監視しなければならない親族。あるいは、食事はもちろん下の世話から床ずれ防止対策までしなければならない老人。本当に救うべき命なのだろうか?

ああ、これが少子高齢社会の現実なのだなと気持ちが黒く塗りつぶされるのを感じる。

「好きなこと、得意なこと、稼げること、世界が必要としていること」

id:fromdusktildawn さんのツイートが胸にささった。

「『好きなこと、得意なこと、稼げること、世界が必要としていること』の4つが重なる部分が『生きがい』です」ってのは建前なんだよ。ほとんどの人の本音は「『好きなこと、稼げること』の2つが重なる部分を見つけることに必死で、それすら見つけられずに、やりたくないことやって生活費を稼いでる」

https://twitter.com/fromdusktildawn/status/930042184476147718

自分で自分に自問してみた。それでも、「建前」ではなく私の現在はこの4つが重なった地点で仕事をさせてもらっているなと自覚した。

稼げることは確かに必須です。十分に稼げなかった三十代はほとんど精神的に参っていました。それでも、ウェブをいじったり、色々考えることは好きでした。時代が降りいまはありがたいことに、見事にその四つが重なっています。人生の時期にも寄るのかなと。

https://twitter.com/hidekih/status/930326941667704832

自分の仕事で辛い思いをしないということではない。人から、「働きすぎだろう」、「もっと人に任せろ」と言われる。この1年余りはそうした忠告に従い月に1、2度は完全オフの休日を持てるようになったというレベル。多少の転職はあっても、30代のころからやっていることはあまり変わっていないが、あの頃は「やりたくないことやって生活費を稼いでる」状態だった。本当にブレイクダウンぎりぎりだった。それでも、同じことを続けながらも、自分の仕事にやりがいと使命を見つけてから変わった。仕事が好きになった、いま働いてる場所がふるさとだと、大好きだと思えるようになった。自然に身体が動いてしまうほど、仕事が得意になった。結果として、以前よりもかなり大きな仕事に取り組むことができ、稼げるようになった。「世界から」必要とされているかはわからないが、少なくとも私の周りからは必要とされていることが実感できる。

d.hatena.ne.jp

自分が恵まれていると、それが当たり前になってしまうことを戒めなくてはならないとこのエントリーを拝見して反省させられた。いつまでこの幸運な境遇が続くかわからないが、これを「福」と捉え、仕事と人生をかけて「惜福、分服、植福」していきたい。

「複製された男」

「メッセージ」も、「2049」もあまりによかったので、ドゥニ・ヴィルヌーブ監督の作品を見たいと想った。

hpo.hatenablog.com*1

hpo.hatenablog.com

探してみたら、Netflixにあった。

www.netflix.com

見終わって本当に「???」だった。ひとつひとつのシーンに意味が込められている感じはするのだが、全体としてなにが「起こったの?」と。ラストも大変衝撃的だった。調べてみて、ようやく腑に落ちた。

ameblo.jp

↑のエントリーは大変よくこの映画の骨子が書かれいるが、思いっきりネタバレしているので、見てから読んだ方がいいと想う。まあ、男と女の関係は一筋縄ではいかないと言うことか。

*1:ちなみに、日本で公開されたときにちゃんと映画館に再度見に行った。やっぱりよい映画だと想った。

別姓婚よりPACS婚、PACS婚より事実婚

サイボウズの青野CEOの夫婦別姓訴訟について、興味をもってツイットした。いろいろと勉強になった。

青野さんは、旧姓の「青野」で経営者としての信頼を築き、サイボウズは2000年に東証マザーズ上場。翌01年の結婚時に妻の姓を選択してからも旧姓を通称として使ってきた。しかし、所有していた株式の名義を戸籍上の姓に書き換えるのに約300万円を要した。「働き方が多様になった方が働きやすくなるのと同じで、姓も選択できる方が生きやすさにつながるはず」と訴える。

<夫婦別姓>サイボウズ社長「選択できず不利益」国を提訴へ (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

優秀な青野さんのことだから、勝てるとは想っていないだろう。それでも、問題提起することにポイントがあると判断して訴訟に踏みきったのだと受け止めている。現在の法律では結婚の時に「姓」を選べるので、逆に言えば奥さん側は自分の姓にすることでメリットがあったはずだ。名字を変えたことによる「損害」は奥さんの受けたメリットで相殺されると解されるべきだと私は想う。そもそも、この訴訟で勝ってしまったら、全国ありとあらゆるところで姓の変更による訴訟が続発するだろう。

そんな中で、この方のツイットにコメントさせていただいた。

そこからツイッター上でやりとりをさせていただいた。その過程をまとめた。

togetter.com

私は自他共に認める保守だが、その本丸であるはずの結婚制度がひとつしかないことはもったいないことだと想っている。いまの婚姻制度はそのままにして、別姓のままで一緒の家庭を築く道、同性であっても人生のパートナーとして歩む道を用意してよいのではないだろうか?

hpo.hatenablog.com

hpo.hatenablog.com

そう思うようになった原因のひとつは、自分の人生を思い起こして。もうひとつは、台湾の特殊出生率を見てから。日本も人のことはいえないが、あまりに低い。大陸の中国を除いて儒教国は総じて出生率が低い。あ、違うか、大陸の中国は儒教国ではなかった。これは保守的な価値感にこだわるあまり、若者の自由を奪いすぎているからではないだろうか?性的嗜好や、さまざまな生活スタイルに応じて婚姻、パートナー、子供の出産、育児、養育の方法は選べていいと想う。

世界の特殊出生率

世界の合計特殊出生率 国別ランキング・推移 - Global Note

で、なにがすごいって事実婚。この議論の中でおしえていただいた。

ひろっぺ@シン・十四松・フレンズ @hiroppe3rd 1日前
http://www.franceplusplus.com/2016/10/jijitukon/ ん~ 日本の事実婚のほうに軍配が上がるようですね。

日本の事実婚。手続きは、同棲し生計を共有している(通帳など)ことを証明するだけで住む。社会保険上で扶養家族としてみなされ年金がまとめられ控除も受けられる。ただし税制上は個別になる。子供は認知すればよい。相続なども手続きは可能。姓はそのまま。 十分だな

www.franceplusplus.com

ということで、実は日本はすでに法的には選択の自由をフランス以上に与えられている国だと。あとは価値感、社会的通念をかえることだけなのだと。本当にびっくりした結論。

保守として、婚姻制度の多様性を認めるのなら、同時に堕胎は禁止されるべきだとは主張しておく。