HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

米国人の国語

米国人は数学ができなくても国語はできることは確信している。そして、国語のほうが実はつぶしがきく。文章下手な私が言っても説得力はないが、米国の作文教育を受けたことがある。とてもすばらしかった。どうしたら米国人から見て「正しい」英語で書けるか、論理がきちんと通るか、説得力のある文章をかけるか教えてくれた。

hpo.hatenablog.com

私もついつい米国人の数学のできなさをネタにすることはある。だが、彼らの国語力、作文力はすごい。一緒にやってて、こーんなに数学できないのに、なんでこーんなにすごい英語が書けるんだろうと感心することばかりだった。マーケティングの実習でチームである産業のニュースレターを発行している会社のタスクを請け負った。自分で言うのもなんだが、分析力はあるので顧客層から、市場から分析して、リーチが足りないという結論をだし、1995年当時ようやく一般化してきたインターネットでサイトを開き、ニュースレターの申し込みにつなげる、将来的にはメールベースに移行するという提案の骨子をまとめた。そこから先、私の英語ではまったく説得力がないと米国人の仲間が徹底的にレポートを書き直した。見違えるような出来となった。プレゼンもまあまあうまくいった。残念ながら帰国してからだが、私を含めてこのチームにジョブオファーが来た。

どうも彼らの話しを聞いていると、小中学校くらいから先は自分をどう表現するか、どう書くかのトレーニングを国語で徹底的にやるらしい。高校のエリート校だと毎週、英文学の本を一冊くらい課題でだされてされを読んだ上でディスカッションし、レポートを欠かされるらしい。普通以下の高校での教育はひどい状況にあるのかもしれないが、あるレベル以上の国語、作文能力はすごい。そうそう、あるとても優秀な金髪碧眼の学生がいて、彼が言うには、「毎日主要紙はすみからすみまで読む。もうそういう習慣になっているから、やめられない」と言っていた。たしか最優秀賞だか、なんだか取った学生だった。

それに比べて日本の国語教育は読むのも、書くのも、決定的に量が不足しているのではないだろうか?教科書読んで、読解して終わりなんて、まったく読む、書く力がつかないだろう。毎週小説一冊とは言わない、あるいはレポートA410枚とは言わない、だが量が質を変える。もっと言えば、他の授業でも国語力を鍛えさせるべきだろう。科学の実験をしたら考察、仮定、目的、方法、分析、結論のそろったレポートを書かせる。音楽の授業でも、音楽に関する本を読んでレポートを書かせる等、等。いくらでも国語力を鍛える教育の方法はあるだろう。

数学なくせば中退が減るというのは極論だと思うが、それくらいの勢いで使える国語の教育をする方が大人になって困らないのかもしれない。もっと言えば、お金の借り方、契約書の結び方、民法の基本的知識くらいはすくなくとも高校で教えるべきだと思うのだが、どうだろうか?ちなみに、例によって米国での法律の授業は米国人と他の国の学生とでは大きな差がついていた。結構法律に関する知識を彼らは持っていた。高校で教えられているかどうかは知らない。

組織における生産性向上と生産性減少

恒例の新入社員研修の一部を受け持った。組織の役割について、自分と仲間によい影響を及ぼせるかどうかが組織の存否にかかわるといつも話をする。それぞれがお互いを信頼し、役割分担をすることによって相手の生産性を向上させることが組織の本質であると私は考える。お互いに生産性を向上させるのでないのなら、組織、会社など構成する必要はない。これを簡単な掛け算でいつも説明する。

一人当たり基本生産性 × 1.03 × 1.03 × 1.03 ・・・・ = 50 × 4.38 = 219人分の生産性

組織の構成人数と生産性向上 - HPO機密日誌

今年は、いわゆる「ゆとり世代」であり、「ブラック企業」気質への嫌悪感が強いと思われるので、逆の話しをした。つまり、人がいて自分がこれくらい手をぬいても問題ないかな、仲間に負担をかけても大丈夫かなと思うことがどれだけ恐ろしいかということ。

組織への甘え

組織の構成人数と生産性向上 - HPO機密日誌

わかりづらいが、逆にみんながほんの少しお互いの生産性向上に努めた場合、一人あたりの生産性が1000倍にもなるというのがオリジナルの主張であった。ここでは逆に、一人分の生産性も出せない。当たり前だが、積極的に会社なんて組織する必要がない。ここの分水嶺をどう乗り切るかが組織の本質であり、社風の築き方の要であると私は信じる。

「求めよさらば与えられん」

先日、キリスト教式の葬儀があり、参列した。大学生の頃、一時キリスト教の教会に通っていた。2年間くらいだったろうか。そのせいか、伴奏を聞きながら、譜面を見ながら、周りの方に合わせながら、賛美歌はいつも歌うことにしている。キリスト教の祈りとはなにか時々考える。なかなかいまだにわからない。教会に通った結論は、私は仏教徒であるということだった。祈りについて言えば、仏教では、悟りへ続く信仰と修行の入り口として祈り、心願成就があるように思う。

護摩修行とは、自分自身の心に正直に向き合うこと、真摯に祈ること。 真摯に祈るものに必ずいい結果をお不動様は与えてくださる、と信仰を持つこと。 心願を成就したいと真剣に祈ることは、すでに成功への第一歩を踏み出している。真摯な祈りは、強い決意、強い確信となる。自分の人生を生き抜く力となる。

心願成就と挨拶 - HPO機密日誌

ひるがえってキリスト教では、現世利益など認めない。ただ祈れと、信仰を持てと強調されている。しかし、賛美歌を歌っていると、「神の守り」「神ともにあり」などが強調されている。そうそう、「求めよさらば与えられん」とも言われる。原典はどこだったけと。

〔マタイ福音書七章〕
信仰の主体的決断を説いたイエスの言葉。転じて、与えられるのを待つのではなく、何事にも自分から求める積極的な姿勢が必要であることにいう。

求めよさらば与えられん(モトメヨサラバアタエラレン)とは - コトバンク

「マタイ福音書七章」とは、山上の垂訓のこと。「求めよ」はここ。

1 人をさばくな。自分がさばかれないためである。
2 あなたがたがさばくそのさばきで、自分もさばかれ、あなたがたの量るそのはかりで、自分にも量り与えられるであろう。
3 なぜ、兄弟の目にあるちりを見ながら、自分の目にある梁を認めないのか。
4 自分の目には梁があるのに、どうして兄弟にむかって、あなたの目からちりを取らせてください、と言えようか。
5 偽善者よ、まず自分の目から梁を取りのけるがよい。そうすれば、はっきり見えるようになって、兄弟の目からちりを取りのけることができるだろう。
6 聖なるものを犬にやるな。また真珠を豚に投げてやるな。恐らく彼らはそれらを足で踏みつけ、向きなおってあなたがたにかみついてくるであろう。
7 求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。
8 すべて求める者は得、捜す者は見いだし、門をたたく者はあけてもらえるからである。

Matthew / マタイによる福音書 -7 : 聖書日本語 - 新約聖書

ここは純粋に神への信仰について書いてある。ただただ、信仰を得よと。この後にさまざまな宗教に共通する道徳的根本原理について書かれている。

9 あなたがたのうちで、自分の子がパンを求めるのに、石を与える者があろうか。
10 魚を求めるのに、へびを与える者があろうか。
11 このように、あなたがたは悪い者であっても、自分の子供には、良い贈り物をすることを知っているとすれば、天にいますあなたがたの父はなおさら、求めてくる者に良いものを下さらないことがあろうか。
12 だから、何事でも人々からしてほしいと望むことは、人々にもそのとおりにせよ。これが律法であり預言者である。
13 狭い門からはいれ。滅びにいたる門は大きく、その道は広い。そして、そこからはいって行く者が多い。
14 命にいたる門は狭く、その道は細い。そして、それを見いだす者が少ない。

論語では「己の欲せざる所は人に施す勿れ」とある。仏教でも慈悲心が強調される。ここでようやく自分の立ち位置がわかる。果たして、信仰とはこの道徳原理を引き出し、実行するためにあるのか?それとも、信仰を選ば自然と道徳原理を実行する人となるのか?それぞれの宗教的立場でこの問に答えなければならないと私は思う。

監視国家とプラバシー、邪悪な意思と邪悪な人工知能

国民のプライバシー保護と、高度監視社会に拍車をかけるAI技術の進展に大きな軋轢が予想される。"Person of Interest"(PoI)というアメリカのドラマを楽しんで見ている。ドラマの中では、「フィード」と呼ばれる国中のカメラの動画や、マイクの音声データをテロ対策としてAIに監視させているという設定になっている。こうした体制の中では、声高にプライバシー保護を訴えるでけだなくテロ行為に走る人物、グループも描かれている。「プライバシー」ではなかったものの、YouTube本社に自分が十分に尊重されなかったという理由でテロをかける人物が現実にあらわれるとは思っていなかった。

togetter.com

顔認証や、ウェブカメラの技術、そしてAIが組み合わさった時に、どんな事態が起こるのかがよく伝わる。そして、究極そのAIの「管理者」がみんなの幸せを願っているのか、自分自身だけの利害を考えているのかが重要だと。個人の生存、幸せを実現しようとする「管理者」なのか、自分だけがよければ他人はどうでもいいと想うEvilな「管理者」なのかで、結果はこんなに違うということがよくわかる。

Person of Interest Season 3 - HPO機密日誌

comemo.io

Evilになりうる「管理者」の代表はやはり、中国。

「アリペイ(Alipay)」を所有するアリババグループ傘下の信用調査機関「芝麻信用」は、独自の基準でユーザーを査定し、信用度を350~950点で評価しています。これは信用度を5つの観点(身分、支払い能力、信用情報、交友関係、消費の特徴)から検討し、ユーザーに点数を公表。点数が高ければ低利融資や保証金が不要となるなどの利点があります。

 逆に点数が低ければ冷遇され、例えば一定の点数を下回るユーザーはレンタルマンションの予約が取れなくなる、といった処置が取られています。「芝麻信用」はアリババグループが運営する民間企業ですが、WIREDの報道ではすでに一部政府と協力してブラックリストを作成したりと、民間企業のデータが政府の社会信用システムに寄与する方向で進んでいます(この問題について筆者は別媒体で論じました)。

中国、「社会信用度」の低い国民の鉄道・航空機利用を制限へ(訂正あり)(塚越健司) - 個人 - Yahoo!ニュース

本当にPoIネタで言えば、邪悪がAIが国民の生体情報を一人ひとり徹底的に収集し、顔認証とひもづけるというエピソードもあった。生体認証の徹底も進んでいる。

 「国産スマートグラスで顔認証」。2月、中国メディアは河南省鄭州の鉄道駅で始まったプロジェクトを報じた。鉄道警察がかけるサングラスに付いたカメラを通じ、警察のデータベースと照合、犯罪容疑者を見つけ出す。「容疑者7人の身柄を確保、ニセの身分証を持っていた26人を摘発した」と成果を誇る。

 インドでは10年、生体認証付きの同国版マイナンバー制度が始まった。指紋や顔と目の画像を撮り、登録後に12桁のIDが付与される。国民13億人のうち11億人以上が登録する世界最大規模の生体認証システムだ。元は低所得者層へ効率的に補助金を支給するための制度として始まった。メリットも大きい半面、資金の流れが筒抜けになると煙たがる富裕層もいる。

顔情報、国が把握 中国「新・国家主義」の脅威 :日本経済新聞

PoIが放送されていた2011年から15年数年前ならたかがドラマだろうと笑い飛ばせただろうが、一気に現実になっていることが恐ろしい。

CBSで2011年9月22日に放送開始。2011-12シーズンのシーズン視聴者数ランキングでは13位となり、同年の新作テレビドラマ(コメディを含む)では最高位に付けた。ファイナルシーズンとなる全13話のシーズン5が2016年5月3日より全米で放映された。

PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット - Wikipedia

ちなみに、寡聞のせいか、日本でPoIに匹敵する近未来の監視社会、プライバシーテロを扱った映画、ドラマを知らない。こうした分野でも日本が周回遅れになっていくのが悲しい。まあ、いまだに手書きの宿泊者台帳、対面のチェックインでないと宿泊が認められない日本では国家と国民プライバシーの保護の対立すら心配する必要はないのかもしれない。

hpo.hatenablog.com

「官僚とメディア」再読

タイトルは「官僚とメディア」ではなく、「官僚とリーク」とすべきだったと思える本。官僚とメディアが「ニュース」をめぐってすりよってる姿が赤裸々に描かれている。今も、昔も、情報をリークする行為は官僚側の権力の源泉となっているといっていいほど。

hpo.hatenablog.com

「官僚とメディア」では官僚がメディアに情報をリークしたいくつかの事件を綿密な取材にもとづいて書いている。特に、姉歯事件の官僚達の騒ぎ方については実に的確に書いている。2005年末に姉歯事件は発覚した。その1年少し後に建設業界以外の人がここまで明確に実際の事件の構造を把握していたことはかなり評価すべきだ。著者は、はっきりと姉歯の単独犯であったと断定している。姉歯氏の単独犯という筋で裁判の判決がでたのは、そのはるか後。

そもそも耐震偽装事件の対象となった建物の耐震性については、法律で認められているいくつかの構造計算のやり方で評価のしようもあったし、柱梁の最低限の補強で建物の耐震性は建築基準法に基づく基準にまで高めることは十分に可能であった。それなのに、最初の通報から二週間あまり放置した行政の責任回避のために姉歯耐震偽装をマスコミへリークした。このリークによりマスコミが騒ぎ始め姉歯事件は大きな大きな「事件」となり、幾人かの自殺者を出すまでになった。今日に至るまで耐震偽装の建物そのもので死んだ人は一人もいないのに。東日本大震災を経ても残った建物で被害が出たものはない。

どの筋からかはわからないが、当時あまりに安易に耐震偽装疑惑の建築物のリストがリークされた。私は行政の担当官が責任回避のためにリークしたものだと想っていたが、やまもといちろう氏の記事があまりにスピーディに出ていたところを見ると、政治家の筋であったのかもしれない。いずれにせよ、政府、政治家が責任を逃れるためにマスコミを利用し、そのもくろみは見事に成功した。

耐震偽装とマスコミへのリーク - HPO機密日誌

それにしても、同じ本を10年おいて二度楽しめるとは本当に自分って得な性格だなと。記憶力悪いなと落ち込む・・・。あ、私だけじゃない!「官僚とメディア」のリークをめぐる馴れ合い体質という構造でいつも「事件」で世間の人々がいまもまた騒いでいるんだった!

鏡の中の自分

先日、ある実験心理学な方とお話しをする機会があった。人は自分の鏡に映った顔が好きだと。その方はモーフィングの技術を使って、自分の顔だとわからないように合成した写真を使って実験をしたと。ひとつはそのままの自分の顔のパーツを入れた刺激、他方は自分の顔の鏡映しの顔のパーツをいれた刺激。もうちょっといろいろ複雑なのだが、人はいつも自分が見ている顔が好きらしい。つまり、自分の本当の顔より鏡に映った顔。知らない顔より、近しく感じる顔。

それは、そのままLGBTをとても受け入れられる気になったスタートレックディスカバリーの美しい一場面を説明してる。

Star Trek Discovery Season 1 Ep.13

Star Trek: Discovery | Netflix Official Site

ネタバレは避けるが、この二人はカップで同性で同棲している。朝歯を磨きながら、横には自分の愛するパートナーの顔、前には自分の鏡に映った顔。このシーンが一番すきだと語る。ありふれた日常なので二度と訪れない至福の時間・・・。

mj-view.com

ホテル旅館業法改正とIoT

これはちょっとノーマークだった。

④ 玄関帳場等の基準の緩和
厚生労働省令で定める基準を満たす設備(ビデオカメラによる顔認証による本人確認機能等のICT設備を想定)を、玄関帳場等に代替する機能を有する設備として認めることとする。

旅館業法の改正について |厚生労働省

ここにある「ビデオカメラによる顔認証による本人確認機能等のICT設備を想定」がどのようなものなのか、省令を探したがよくわからなかった。もしかすると、これかな?

(3)旅館・ホテル営業の施設に係る玄関帳場等に代替する機能を有する設備の基準は以下のとおりとすること。
ア 事故が発生したときその他の緊急時における迅速な対応を可能とする設備を備えていること。
イ 宿泊者名簿の正確な記載、客室の鍵の宿泊者との適切な受渡し及び宿泊者以外の者の出入りの状況の確認を可能とする設備を備えていること。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11130500-Shokuhinanzenbu/0000192926.pdf

明らかに「簡易宿泊所」の規制緩和、民泊新法の施行に対応して、ホテル旅館業界だけインバウンド需要、IT化に取り残されてはならないという規制緩和であろう。

ずいぶん前からIoTの最大の障害は法律であると主張してきた私としては嬉しい限り。

hpo.hatenablog.com

これらの法律改正の発表今年の1月であったことを考えれば、私のエントリーは不勉強のまま書いたと反省せざるを得ない。