読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

中島潔の描く女性

源氏物語五十四帖」が届いた。源氏物語だけではなく、これまでの中島画伯の画業の集成と言える画集であった。

正直、「源氏物語の女」の時には感じられなかった女性の孤独、哀愁がすみずみから感じられた。

image

この絵は、晩年の紫の上。光源氏の妻として栄華を極めはしても、子供も生まれず、不幸も続き、哀愁を噛みしめる日もあったのだと私は想う。

紫の上(むらさきのうえ)は、『源氏物語』の登場人物。光源氏に次ぐ主要な人物である。容姿とともに知性、性格などでも最高級の女性として描かれる。

紫の上 - Wikipedia

中島潔は早くに母親を亡くした。このことがどこかに影響しているのだろうか?素直な目をした童たちにも、背中をこちらに向ける女性達にも、寂しさがにじみ出ているように想えてならない。

image

私もついつい昔知っていた女性をここに重ねてしまう。女性の背中には、どこか支えてあげたくなる表情がある。