HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

夢の言葉、言葉の夢

島尾敏雄がなくなって20年近くたつらしい。「死の棘」の中には、私の住む地域の話もでてきたりする。いや、それよりももっと身近に感じる体験もあったりもする。

死の棘 (新潮文庫)

死の棘 (新潮文庫)

なんというか、美しい言葉の表現というのは、もうリズムだの、語感だのといった根源的な部分にまでさかのぼるのではないかという予感がある。

至上の愛

至上の愛

そうそう、なによりもボリスだ。ボリス・ヴィアン。未読だが「北京の春」というタイトルだけで参ってしまう。「墓につばをはきかけろ」とか、胸に花が咲いてしまう話だとか、なんというか舞台裏のどんでんがえしの仕掛けが随所にある。ある意味、言葉のレトリックなのだ。言葉だけで成立している世界の美しさ。中毒性がある。

夢幻にただよう、言葉の美しさに酔う。