読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

iPhoneのロック画面のセキュリティ

iPhoneをそこら辺に置いとくと危ないよ」と人に言われて、ロック画面をすこし操作してみた。恐ろしいのは、画面上から下にスワイプして出てくる「通知センター」。そもそも、「通知センター」が上から下へのスワイプ画面を示していることすら理解していなかった。iOS9.1以降だと「設定」ー「通知」で、各アプリ毎に「ロック画面に表示」をオフにしていった。だが、それでもロック画面の「通知センター」にスケジュールや、ToDoが出続ける。いろいろ試してみて、「Touch IDとパスコード」ー(ぐっと下にスライドさせて)「ロック中にアクセスを許可」でオフにできると知った。同様に、ロック画面のSiriもここでオフにできる。

image

それから、画面下から上にスワイプして出てくる「コントロールセンター」も、「一般」ー「コントロールセンター」で「ロック画面でのアクセス」をオフにした。

BYODや、iPhoneを業務用に支給している会社では、このくらいのセキュリティはしていないと、個人情報漏洩、あるいはライバルに情報を流してしまうことになりかねない。最低限のセキュリティ程度はマニュアルにして欲しいものだが、アップル社はそういうことをしないだろうなと。