読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

電車内化粧問題とジャストインタイム社会

余りに正論すぎて、反論のしようがない。

毎日仕事でくたくたで睡眠不足でぎりぎりに朝起きて遅刻するーーーと焦りながら電車に乗ってるから電車で化粧しないと会社に間に合わないんだよー。粉とか飛ばさないからさああああ。

電車内で平気で化粧をする女性が増えた。と怒ってる方を以前テレビで見たことあるけどさ、もし本当に増えてるならそれは働く女性が増えた分増えてるだけなんじゃないかと思ってるよ、私は!

http://anond.hatelabo.jp/touch/20161028135531

あえて言えば、時間ぴったりに到着することが可能になりすぎたと私は想う。ウェブ社会、特に携帯、スマフォの普及で電車の運行情報はリアルタイムで伝わ。ちょっと前までは、相当な鉄道ファンでないと割り出せなかった乗り換え、最短経路も割り出せる。結果として、常にぎりぎりでも会社、訪問先に到着できるテクノロジーが一般化してしまった。少し前までは、余裕をもった行動が強く推奨されてきたが、いつでも、どこでも仕事ができ、いつでもどこにでもジャスト・イン・タイムに到着できる仕組みは、自宅での化粧の時間という「余裕」を不要にしたと。

とは言え、先日なにか細いビニールテープのようなものをまぶたに貼り付け、小さなハサミで切るという離れ業を私鉄のゆれゆれの通勤電車でしていた女子高生はあまりに危なくておじさんは見ていられなかったぞ。