読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

国別メダル

リオ2016

大して興味もないし、期待もしていなかったが、やはりオリンピックが始まると熱くなってしまう。選手お一人お一人の努力と才能の精華に刮目する。そして、やはり気になるのが国別メダル数。

www.nikkei.com

リオデジャネイロオリンピック日本選手団 - Wikipedia

どうも、日本は送っている選手団に対してメダルの数が足りないのではとちらちら日経のサイトや、Googleのサイトでメダル数を一日一回は確認してしまう。メダル数のランキングは金メダルの数で基本きまるのだと初めて知った。

ランキングは金メダルの多い順で同数の場合は銀で、銀も同じ場合は銅でとなります。

国別メダル獲得ランキングの計算方法は? - オリンピック 解決済 | 教えて!goo

祖国の活躍を見るのは、確かに国威発揚となる。一方、難民の方々も出場が認められている。ポポル・ミセンガ選手の「どこにいても家族に自分がここで戦っていると伝えたい」と涙ながらに語る会見に胸を打たれた。

難民代表、リオで転生

 戦火に見舞われた故郷へ思いをはせながら、リオデジャネイロ五輪に挑む2人の難民柔道家がいる。内戦が続くコンゴ民主共和国(旧ザイール)を離れ、リオデジャネイロ市で暮らす男子90キロ級のポポル・ミセンガ(24)と女子70キロ級のヨランデ・ブカサ(28)。国際オリンピック委員会(IOC)が初めて結成した10人の難民五輪選手団のメンバーだ。「世界中の難民の希望になりたい」。熱い思いを胸に10日(日本時間同)、2人は畳に立つ。

日本発祥のスポーツである、柔道で難民の方が活躍されるとは慶賀のかぎり。改めて、国の存在の大きさを知る。