読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

「氏より育ち」

NatureとNurtureが「氏」と「育ち」という意味で使われていたことに気づいていなかった。本書を読み進めていく内に、ようやく気づいた。

原題の「nature via nurture :Genes, Eperience and What Makes Us Huma」(「養育を通じた本性(の発露):遺伝子、経験、そして、なにが我々を人間とするか」)の方が、本書の本質を表している。natureという単語に、さまざまな生物や、自然にそなわった生物の性質などの意味が込められている。

「やわらかな遺伝子」を本格的に読み始める - HPO機密日誌

なにを言ってるんだろうね、私は。「氏より育ち」ではないよと、「育ちで氏が出る」のだよと。それこそ、私の「氏も育ちも」出てしまう。

やわらかな遺伝子

やわらかな遺伝子

やわらかな遺伝子 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

やわらかな遺伝子 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

Scholarly and popular discussion about nature and nurture relates to the relative importance of an individual's innate qualities ("nature" in the sense of nativism or innatism) as compared to an individual's personal experiences ("nurture" in the sense of empiricism or behaviorism) in causing individual differences in physical and behavioral traits.

Nature versus nurture - Wikipedia, the free encyclopedia