読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

映画「オブリビオン」

某ホテルに泊まった。朝方から映画「オブリビオン」を見てしまった。さらっと長そうと想ったが、最後まで一気に見てしまった。いい映画だ。


映画『オブリビオン』予告編 - YouTube

すばらしい解説をしていらっしゃる方がいた。ネタバレだが、端的にこの作品のなぞを説明してくださっている。

「シーンの裏側」を解説している動画。見ているだけで、映画の世界がよみがえる。


Oblivion 2013 Extensive Behind the Scenes Inside ...

この映画はスカイタワーのシーンを含めて、かなり撮影からリアル。最近流行のブルーバックでの撮影とは大分趣が違う。

この映画にどこまで深いテーマを見るのか、非常に難しい。私にはホラチウスの詩がひとつの帰着点で十分。

この世のすべての人間に、遅かれ早かれ死は訪れる
ならば、先祖の遺灰のため、神々の殿堂のため
強敵に立ち向かう以上の死に方があるだろうか

Then out spake brave Horatius, The Captain of the Gate :
To every man upon this earth Death cometh soon or late.
And how can man die better Than facing fearful odds,
For the ashes of his fathers And the temple of Gods?

SF映画「オブリビオン」・・宇宙人侵略と愛の物語 - NPO法人 知的人材ネットワーク・あいんしゅたいん

ちなみに、オブリビオンの意味がWikipediaに載っていた。

Oblivionオブリビオン、オブリヴィオン)の原義は忘却、無意識、人事不省、大赦の意。

https://ja.wikipedia.org/wiki/Oblivion