読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

ショートゲームのミス

ティーショットはドライバーを捨ててから逆に安定した。結局、ティーショットの飛距離とは実際には、「そのクラブで飛ばせる距離 × ショット成功の確率」ということになる。

期待ティショット飛距離

これはあくまで思考実験で実際に計測した距離ではない。ドライバーで250ヤードなんて打ち下ろしでランを入れてもないくらい。逆にドライバーだとよっぽど正確に打てない限りOBになってしまうこともままある。ドライバーのミスはこの期待距離以上にダメージは大きい。

とにかく、W5とW9以外のウッドは「封印」してからの方がスコアがいい。ボギーペースとはいかないが、ダブルボギーペースは下回れるようになってきている。

hpo.hatenablog.com

ここで思考実験しているように、レギュラーティーで総延長6300ヤードのコースなら18ホールでわれば350ヤードとなる。先ほどの期待飛距離が150ヤード、二打目で120ヤードとすれば、残り80ヤード。本来確実にワンオンでき、2パットで沈められれば、ボギーペース5打で十分回れることになる。5×18=90ということで、やったぁ、100切りだ!・・・・、とは現実にはなかなかいかない。

ということは、いまの課題は100ヤード以下をいかに3打で納めるか。ということは、150ヤード程度のショートホールは確実にワンオンできるが課題となる。ミドルホールだと3パットしてもダブルボギーないしトリプルで、あーあな感じ。ショートなのにワンオンできずにペナルティをくらったりして、6打、7打かかっているのがスコアがまとまらない原因だと思える。ということは、120から170ヤードのショートゲームをいかにまとめるトレーニングをするかということになる。結論としては、アイアンだけのコースを探してトレーニングしろとなう。