読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

騒音の規制

指定地域を地方自治体の首長が指定する。

建設工事の騒音・振動には、法律上「騒音規制法」「振動規制法」で規制されます。特定建設作業は市町村への届出が必要となり、市町村長は施工業者に改善の勧告や命令を発することができます(騒音規制法15条、振動規制法15条)。この改善勧告・命令を発する基準は、敷地の境界線で騒音85dB、振動75dBとされています(参考:電車内・地下鉄内の騒音=80dB、電車走行時のガード下=100dB)。
さらに都道府県や市町村の条例で騒音・振動の規制値が定められている場合もあるので、工事前に役所等に問い合わせて規制の有無を確認しておくのがよいでしょう。

江副哲弁護士の建設現場トラブル相談所

調べてみると、この回答がすごい。

電気工事の仕事をしているものです
騒音への対策でのうら技的なことをこっそり教えます
現場での仕事で一番怖いのが労働基準監督署です

工事現場の騒音は泣き寝入りするしかないのですか・・・・・ - その他(住まい) | 教えて!goo

騒音というのは、物理的な数値として定められていても、実際には個別の体感状態は大きく違う。対応は、慎重な上にも慎重にならざるを得ない。