読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

ギャラクティカ : 消耗、焦燥、そして死

ギャラクティカ、シーズン1のサウンドトラックがよい。とにかくよい。聞いているだけでその時の気持ちになる。

Battlestar Galactica

Battlestar Galactica

ギャラクティカの音楽は、日本の和太鼓、三味線をはじめとする民族音楽、歌詞も英語もあり、ラテン語もあり、サンスクリット語まで動員されている。

Kobol's Last Gleaming

[in English]
All of this happend before
And all of this will happen again
So say we all


[in Latin]
Omnia illa et ante fiebant
omnia illa et rursus fient
Ita dicimus omnes.

Main Title [UK Version]

[English Translation]
Oh God! Thou art the Giver of Life,
Remover of pain and sorrow,
The Bestower of happiness,
Oh! Creator of the Universe,
May we receive thy supreme sin-destroying light,
May Thou guide our intellect in the right direction.


[Sanskrit, Gayatri Mantra]
O bhr bhuva sva
Tat savitur vareya
Bhargo devasya dhmahi
dhiyo yo na pracodayt

CDのNOTEで作曲家のベア・マクレアリーは、第一話の作曲でギャラクティカの乗組員の危機的状況を実感したと書いている。第一話「33」で、ギャラクティカエースパイロット、アポロが民間宇宙船オリンピック・キャリアーを撃墜せざるをえなくなる。そのミサイルの発射の瞬間の音楽を締め切りぎりぎりで書いていて、初めてギャラクティカ乗員の焦燥が感じられたと。