HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

真摯さとは知情意が統合されていること

無事プレゼンを終えて、今日は大切なお話を聞くことができた。

プレゼンの中で、人から教えてもらった「ドラッカーの『真摯さ』の原語は『インテグリティー(integrity)』だ」とさかしらに触れた。プレゼンが終わって懇談していて、「インテグリティーって統合するって意味でしょ?何を統合するかわかる?」と逆質問されてしまった。しどろもどろになっていると、「自分の信じるものを強く、いつわりなく行動するってことは、人の知性と感情と意思の3つが統合されていることだ。ドラッカーがいう強さ、いつわりのなさとは、この知情意に芯が通っていてひとつになっていることだ。知性は知性、情緒は情緒、意思は意思とばらばらな人は、強くもなく、正直でもないよね。」と教えてくださった。非常に納得した。インテグリティーを人によっては、「誠実さ」と訳しているとも教えていただいた。

ついでによい本を教えていただいた。知情意がひとつになっていないまま、全人格を傾けるべき仕事に臨むと、期待されてない結果になってしまうということなのか。真摯に他山の石とさせていただきたい。

同族経営はなぜ3代でつぶれるのか?

同族経営はなぜ3代でつぶれるのか?

先日の小池龍之介さんの本でも、ドラッカーがどこかで書いていたことも、尊敬する方の話しを聞いていても、ひとつの方向を指し示しているように思える。それは、ものごとを素直にうけとめず、自分勝手にストーリーをあてはめてしまうことそこが悪への道なのだということ。

人生には、普通でいったら悲惨としか言いようのないことがおとずれることがある。そのときに、その悲惨さを自分勝手なストーリーにして悲劇の主人公になるのではなく、そのままを受け入れられる知情意の統合されたからだが必要なのだ。

実は、読了していてもここで触れたくない本があった。

恋しい女〈上〉 (新潮文庫)

恋しい女〈上〉 (新潮文庫)

恋しい女〈下〉 (新潮文庫)

恋しい女〈下〉 (新潮文庫)

中堅ゼネコンの二代目社長で、会社をつぶし、資産を切り売りしながら生活している。娘は一人、妻とは死別。愛人を二人もち、責任感のない生活をだらだらと続ける男の話し。理性も明晰、身体も健康でも、真摯さがない。読み終わって吐き気がした。吐き気がしたのは、私自身が自分勝手なストーリーをつくっていたからだと、小池龍之介さんの本を読み、般若心経を唱えて、やっとわかった。

こいつはこいつで、私は私だ。

私は私がなすべき課題を誠実になせばいい。それだけだ。