HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」

ずいぶん前に買ったのだが、なんとなく積ん読したままだった。ある、中小企業のMA関係の方のお話しを聞く機会があって、改めて読んで見た。いやいや、これは面白い。人生変わるかも。

以前から「現代日本においてビジネス関係で一番の稀少資源は経営者だ」と考えてきた。お会いしたMA関係の方は、まさに後継者難の中小企業にサラリーマンから経営者になりたい人物を送り込むことで再生しているのだとおっしゃっていた。本書の著者の三戸政和氏も同様のビジネスを展開されているらしい。

株式会社日本創生投資 代表取締役社長。1978年兵庫県生まれ。同志社大学卒業後、2005年ソフトバンク・インベストメント(現SBIインベストメント)入社。ベンチャーキャピタリストとして日本やシンガポール、インドのファンドを担当し、ベンチャー投資や投資先にてM&A、株式上場支援などを行う。2011年兵庫県議会議員に当選し、行政改革を推進。2014年地元の加古川市長選挙に出馬するも落選。2016年日本創生投資を投資予算30億円で創設し、中小企業に対する事業承継・事業再生などに関するバイアウト投資を行なっている。

三戸 政和 masakazu mito | 現代ビジネス

本書の語られるように、ゼロから「1」まで起業することができる人物は「スーパーマン」としか言えない。また、起業して失敗して退場する人の方が10年以上経営を続けられる人よりもはるかに多いのはよく知られた事実だろう。しかし、スーパーマンであり、超幸運な人物であるだけに起業した経営者は非常に個性的な人が多い。悪く言えば、ムラがある。そこを、上場企業等で経験を積んだ人物がボーナスを1、2年貯めて自分の勤め先で得られたノウハウを「1」の企業に注ぎ込めば、「100」の成果を生みうると。更には、キャピタルゲインをいかに産むか、自分の勤務先の企業といかに「提携」するかまで具体的なノウハウが解説されている。大変、興味深い。

人生の後半戦を迎えるに当たって、大変参考になる本であった。改めて、MA等の手法をベースによくよく考えてみたい。

欲望の果てに

これまで様々な意欲をもって仕事に取り組んできた。それは、自分が責任を託された家族、仲間、家の伝統を守るための必死の努力だった。まだ結婚していた時に、当時の配偶者から「私と仕事とどっちが大事なの?」と聞かれた「君を守るために仕事をしているんだよ」と答えたのは本音だった。全てを失いかねない状況をいくつも切り抜けていま若干の安定を産むことができたと信じている。

しかし、このブログで何度も書いているように最近不幸なことに遭ってしまった。それ以来、自分のこれまでを反省する日々が続いている。何をしても楽しくない、夜ぐっすり眠ることすらできない。世間的には通常の通りの仕事、生活をしているが無理にでもそうしていないと自分がおかしくなってしまうからに過ぎない。

そんな中で、石原慎太郎の「天才」を読んだ。いうまでもなく一人称で田中角栄の生涯を綴った半ばドキュメンタリーだ。

この中では、日中国交正常化に成功し、米国から疎まれたことがなんとも不可解なロッキード事件の判決へつながったくだりが描かれている。そして、数々のスキャンダル報道の中で家族のことを想って首相を辞める決断をしたとも描かれている。

DeNAの南場さんも、ご主人のために会社の代表を降りるというのが「不格好経営 (日本経済新聞出版)」のひとつの結論であったように記憶する。

hpo.hatenablog.com

家族のため、仲間のため、伝統のために仕事を選び、仕事に邁進し、他のすべてを犠牲にしてきた。しかし、いま本当にそれでよかったのかと考えざるを得ない。眠れない夜になんでも自分の記憶をまさぐり、家庭と仕事の両立をする道がなかったか、不幸を避ける道はなかったのか考え続けたが、見いだせなかった。すべて、自分が自分である限り、生きている限り今のこの地点にたどり着くだろうとしか考えられない。

だとすれば、多少の「安定」を利用してこれからはもっと家族のために生きる道を選択すべきなのだという結論に達する。「天才」よれば「今太閤」田中角栄ですら娘の田中真紀子との確執があった。下野した後も、いまわの際までも、解消されることはなかった。どんなに大義名分を立てても自分の欲望が人間を動かしている。そこをよくよく見つめ直す必要を感じている。

「愛がなくても喰ってゆけます。」

ずいぶん前に本書にはまった。ほんの1つ、2つだが本書に取り上げられている実際のレストランにも足を運ぶことができた。

愛がなくても喰ってゆけます。

愛がなくても喰ってゆけます。

食欲と幸福感が密接な関係なのだと痛感させられる内容だった。「これおいしいよね?」「うんうん!」と語り合いながら気の合う相手と食べる食事ほど幸せなことはない。セックスよりも習慣性が高いかもしれない。まして、よしながふみ氏の盛りに盛られた漫画で展開されると「生きるために食べるのでは、食べるために生きるのだ」という主張が真実ではないかとさえ感じられる。タイトルの「愛がなくても喰ってゆけます。」は、いわゆる性的でも、家族として支え合うのでもなく、食を共にする男女の喜びを如実に現している。

一般的には、食に過剰に走らないことこそが世間的な幸福の形なのだとは以前考えた。

それが男であれ、仕事のやりがいであれ、子育てであれ、一生懸命満足を感じられるものごとがあれば、食べ物には走らない。食べ物に走るのは、女性のラストリゾートなのだ。体重が増える、増えないを気にするのは、食べ物以外に幸せを感じるものがあるかどうかが如実に現れるからではないか。 女性は自分でそのことをよく知っている。太らない自分を魅せつけるのは、自分は満足しているだよ、幸せなんだよと示したいから。食べ物に走ってないよ、太らないよ、とほかの女性に見せたいのではないだろうか?

女性が体重を気にするのは、幸せのバロメーターだからかな? - HPO機密日誌

しばらく前からなぜか私の書棚から本書が消えていた。それが、あるところでひょっこりと見つかった。私が貸し出したのかも知れない。貸した相手は食事と仲間としていて幸せだったのかなとぼんやりと考えている。

自己欺瞞と心の平安

先日、「嫌われる勇気」を読んで悲しみ、苦しみから抜け出す方向を教えられたと書いた。実は、この本は、新入社員から教えられた。自分の子供達より若い方々だ。たまたま研修のコマをもらって話した時に、彼らから「嫌われる勇気」の話しが出た。「勇気」と更には「箱の法則」を読んで少なくとも理解のレベルでは一縷の望みが見えてきた。

嫌われる勇気

嫌われる勇気

先日の私の人生を変える出来事以来、般若心経の写経を繰り返した。「嫌われる勇気」で訴えられている「心の平安」は般若心経の「色即是空空即是色」だと痛感した。人の苦しみ、悲しみは誰でも、過去に原因があるのだと想っている。過去でなくとも、現在のまわりの環境や、特定の人、社会、事件などが原因なのだと。私もそうとしか思えなかった。なぜ、なぜ、なぜだ、私の過去の行動、人の言動、すべてがその出来事につながっているように想え、眠れない日々が続いた。なぜと問えばとうほど悲嘆の沼にずぶずぶとはまっていった。しかし、そうではない、過去ではない、原因ではない、と本書は語っていく。今の自分を変えたくないからこそ、過去の事件を持ちだしていま自分が動けない悲惨な状況にい続けているのだと。人はその人と会いたくないという目的論で動いているのに、過去の出来事に結びつけて原因論にもっていくのだと。実は自分が今を生きているのに、自分自身が自分過去の出来事に結びつけてしまうから「悲しい」という状況を作り出しているのだと。この理解に立てば、この悲しみ、苦しみの実態に気づけるのだと、「嫌われる勇気」も、「般若心経」も教えてくれた。すべての苦しみ、悲しみは自己欺瞞なのだと受け止めたい。

2日で人生が変わる「箱」の法則

2日で人生が変わる「箱」の法則

さらに、今度「箱の法則」を読み直した。本書はこの自己欺瞞によって自分が自分の目の前の人を「人」ではなく「モノ」と捉えてしまう状況からいかに抜け出すかを記述している。極端に言えば、相手は自分をこんな状況にした張本人なのだから人扱いはできないと。「敵」だと思った途端に自分は相手を最悪の存在だと決めつけてします。私は30代の時には自分は世界で一番不幸だと思っていた。それはレトリック、例えではなく本気でそう思っていた。仕事でも、家庭でも、なにも上手くいかないと。自分の周りは「敵」ばかりだと。自分で自分の立場を選んだという自覚はあっても、未来に全く希望を持てなかった。正直、その場から逃げ出すことすら考えていた。事実、離婚までした。いまの社会的な立場をよく胸をはれるなと自分でも想う。いまなら、それは自分が「箱の中」の状況にいて周りの人々を「人」と見れていなかったから、過去の原因で自分が縛られていると思い込んでいたのだと分析する余裕がある。心の平安がある。同僚と一緒に毎日意義ある仕事をしていると想える。

人によって「箱」の「様態」は違う。本書には、以下の類型が載っていた。私は当時「劣等感の箱」と矛盾するようだが「当然の箱」にハマっていた。「世の中は過酷だ、私が何をしても改善しない」「当然周りの人々(家族)はここまで自分を助けてくれて当たり前なのに手をかしてくれい」といった状況だった。自己欺瞞以外のなにものでもなかった。

f:id:hihi01:20210513091608p:plainf:id:hihi01:20210513091621p:plainf:id:hihi01:20210513091631p:plainf:id:hihi01:20210513091640p:plain

更に本書で示される五段階の「ピラミッド」と般若心経の示す八正道の類似を論じたい。心の平安、箱を常に出る姿勢があるとないとでは人生の危機において悲劇を生むのか、そこからの成長を自身で導けるのか、まったく違う。

アドラーは常識人:自分が変わらなければ人生は変わらない

「嫌われる勇気」、「幸せになる勇気」を読んだ。喪失感から抜け出しつつある現在の私が読むべき本であった。

嫌われる勇気

嫌われる勇気

幸せになる勇気

幸せになる勇気

いまは自己啓発こそ動画で見るのが流行なのだそうだ。その意味で短時間で理解するための動画の解説で言えば、こちらがわかりやすかった。

youtu.be

この動画のポイントとしては、自分が過去のトラウマに囚われていると考えることこそ大間違いだアドラーが主張していることだと想う。「トラウマ」などの過去の経験によるネガティブな「苦しみ」すらも、「現状を変えたくない」、「一歩踏み出しても嫌われるだけだ」といった「目的志向」で説明できる。「現状肯定」こそが見方によっては苦しみの原因なのだ。よくもわるくもヒトのすべての行動は「目的」から説明できるのだというのがアドラーの主張。

これは、まんま般若心経の「色即是空、空即是色」だと今の私には思える。過去と他人は変えられない。未来と自分だけが変えられる。自分自身を「変えて」こそ「四苦八苦」から解脱できる。自分は変えることができる。そのために自分が集中すべきなのは、自分の「タスク」であり他人や過去の「タスク」ではない。「色即是空」から始まり、案外アドラーは私にとっては常識的なことを主張しているように見える。

たとえば、分業。上記の二冊の記述から言えば、人類の生産性向上は信頼に基づく分業によって可能となったと。そして、その分業の根っこにあるのは男女の愛だと。

hpo.hatenablog.com

hpo.hatenablog.com

「分業」とも関わるが、ヒトの子供はあまりに無力で生まれる。このために男女の協力が必須となる。更に、ヒトの子供は自分を「主役」にして必死に他者からの「承認」をもらわないと生きていくことがかなわない。このため、大人ににっても「自己承認欲求」から抜け出させない。近代以降の心理学のテーゼのひとつだと私は認識している。

アドラーは社会への「貢献感」の重要さを時、自分が世界の主役ではなくごく一部であることを悟ることが「自立」への道だと説く。そして、共同体への貢献における役割を自覚するとき、「人生の主語がかわる」と。私もこの何年かで人前で話しをする機会が増えたが、できるだけ話しの「主語」を自分にしないように心掛けている。自我いっぱいの私なのでまだまだ自分を主役にしてしまいがちだが、「気持ち」は聞いて下さる方。

そして、こららのアドラーの主張をもとに自分の人生の有り得たかも知れない姿をシミュレーションしてみると、どの道を通ってもきっと結果は同じだとなる。

hpo.hatenablog.com


運命の人はいない。誰と出会っても、自分が自分である限り人生の結果は変わらない。よくよく分かった。

結婚とありえたかもしれない別の現在

テッド・チャンの新しい短編集、「息吹」を読了した。今の私の「状況」への見方を変えさせるインパクトがあった。

息吹

息吹

収録されたいずれの作品も自分の決定的な運命とはなにかに対峙する物語だと私には読めた。収録された作品の中で一番のインパクトは「不安は自由のめまい」。分岐する別の時間線との交信が「プリズム」と言われる装置で可能になったという世界。量子論的ゆらぎというか、別の条件、別の決断がもたらす無数の別の時間線が可視化される。無数の自分の有り得た現在が仮に見えれば、自分の運命とはなにかを問わざるを得なくなる。自分の決断とはなにかと自由意志すら疑わしくなる。

自分の意思とはなにか?自分の決断がもたらす結果とはなにか?この疑念はまさに私が突きつけられた私の人生の「状況」そのものだ。自分の決断の確定性を疑えば、私が過去の決断の結果だと考えざるを得ない「状況」への見方が自ずと変わる。例えば、人生最大の決断である「結婚」を例に考えよう。自分がホルモンにそそのかされ、欲望に突き動かされてパートナーを選ぶ。本作の「商人と錬金術師の門」、「ソフトウェアオブジェクトのライフサイクル」にも示されたとおり、パートナーを選ぶ、あるいは選ばないという決断はおのずと結果を生む。その決断の結果として産み落とされた瞬間から子は別な人格となる。そして、別の結果を生む。子は自分の思い通りにならないことはここで書くまでもない。

そして、人は「子」をなす。

マズローの欲求五段階説をネットワークから考える - HPO機密日誌

とすれば、分岐する多元宇宙の中では別の時間線で別の選択、別のパートナー、別の子が存在するのかもしれない。多元的な可能性の曼荼羅の中で、自分の決断の結果をどう受け止めるかに苦悶していた。有り得たかも知れない過去の決断、変わっていたかもしれない現在、夢視ていた未来。すべては、幻想に過ぎない。テッド・チャンを読み終わった後、結果は結果としてそのまま受け止めるしかないのだと考えられるようになれた。

考えてみれば、「不安は自由のめまい」は「あなたの人生の物語」と表裏なのかもしれない。「不安」はありえたかもしれない現在を、「あなたの」はありえる未来を描いている。「あなたの人生の物語」ではまだ「決断」すらしていない現在で決断をする。そのパートナーを選ぶ決断が、未来において子を失うと分かっているのに。

hpo.hatenablog.com

別の視点から見れば、排除されるべき「不安」とは「色即是空空即是色」、「心無罣礙」なのだと。「状況」の中で苦悶するうちに山田無文師の「般若心経」とロングセラーであり「嫌われる勇気」を読んだ。まだ、「今」を生きるしか私にはないのだ。

般若心経

般若心経

嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え

未来と過去において、ただただ現在を一生懸命生きるしかない。過去の決断がこうであったら、ありえたかもしれない未来はこうだったかもと考えることは「罣礙」でしかない。

「あなたの体は9割が細菌」

私達の存在はいかに自分が考えている「自分」ではないかが伝わった。

思考力が低空飛行していてなかなかブログのエントリーを書けない。このエントリーはほぼ一ヶ月ぶり。プライベートでも、仕事でも、人生というのは本当に自分の思い通りにはいかないのだと思い知らされている。まあ、しかし、自分の体全体として捉えた遺伝的多様性で言えば「自分」の「ヒト遺伝子」は1割にすぎないのだと言われれば、そりゃあ自分自身ですら思い通り制御できるわけがないのだと納得させられる。

本書の企図は、原題の"10% HUMAN :How Your Body's Microbes Hold the Key to Health and Happiness"で十分に説明されている。「いかに体内の微生物が健康と幸福の鍵を握っているか?」と。体内の嫌気性微生物などが私達の健康の鍵であるかは、テレビのコマーシャルを見ているだけでも伝わる。ずいぶん以前から栄養学でも腸内微生物の栄養素となう食物繊維の大切さは訴えられてきた。小腸では吸収できない植物繊維の栄養素が大腸の微生物にとってなによりのごちそうなのだと。大腸微生物、「大腸菌」というと水質汚染の指標に使われるくらい偏見をもって見られてきたが、その名の通り私達の腸内で重要な役割を果たしているのは間違いない。小腸は自力で消化、吸収しているが、大腸は微生物の協力なくては働かない。腸内の微生物バランスは自分の健康にとって重要なのだと。著者のアランナ・コリン氏がTEDで抗生物質の不適切な投与が体内、特に腸内の微生物バランスを崩していることを指摘している。いわく、家畜を太らせるために抗生物質が投与されているように人間も腸内微生物バランスを崩すと肥満につながると。当然、ほかの病気にも影響する。

www.ted.com

ちょっと意外だったのは、微生物が健康に影響するばかりでなく、微生物、細菌の類がその人の思考傾向まで影響しているという指摘だった。確かに一部の細菌、キノコは昆虫や、動物を狂わせることは知っていた。冬虫夏草などはよい例であると。

gigazine.net(ちょっとグロなので閲覧注意)

昆虫に寄生する植物としては冬虫夏草などがよく知られていますが、アリに寄生して発芽するOphiocordyceps属の一種は、宿主の精神を乗っ取って生存に有利な場所に移動させ、最も適した時刻に宿主が死ぬように操作するという特性を持っていることが分かりました。

人間においても腸内の微生物バランスが思考力や、感情まで左右する可能性があると本書は指摘している。一部の自閉症抗生物質の投与が原因である可能性があると。腸と性格、人生の幸せまで関連しているのだとするともう現代版の陰陽五行説の世界に思える。

hpo.hatenablog.com

脾(胃腸)が弱かったり、傷害がある人は、顏色は黄色を帯びています。日頃より物事を思い過す性格ですが、よく物忘れをします。唇が厚く時々熱っぽく腫れたりします。甘い味が好きで、病気は四季の土用に属し、俗にいう季節の変わり目(季節と季節の変わり目の18日間)に体調を崩しやすいのです。

http://www.ikkando.com/kanpo-kiso/riron-kakuron.htm

本書の後半では出産、子供の健康と体内の微生物の話題となる。母親から健全な体内微生物の「セット」を譲られることがその後の健康に重要なのだと。母乳の中に母親の腸内の微生物が含まれいてるのだと。母乳が腐りやすいことは知られている事実だが、その理由が母親から乳児への腸内微生物のプレゼントの副作用だとは知らなかった。

母乳栄養では、感染のリスク、肥満、2型糖尿病の発症を低下させることが示されています。

赤ちゃんを感染から守る母乳の免疫。ミルクで免疫力はつかないのか|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

出産において母親の膣内の微生物を「浴びて」新生児が生まれてくるところからこのプロセスは始まっていると本書は指摘している。もっと言えば、出産口である膣と肛門が近くにあることさえも広く動物において母親から新生児、あるいは卵へという形で自分の微生物を「譲る」ために進化しきたのだと。もう感服するしかない。

新型コロナウイルス感染が全世界的な課題とされる今、本書を読むと体内微生物を含めた体の免疫機構とはなんなのかと問いたくなる。身体全体の遺伝的多様性の1割にすぎないヒト遺伝子による機構だけで免疫を議論するのは、残り9割の体内微生物をふくむ身体全体としての免疫力を軽視することにならないだろうか?ヒトの「たくましさ」を失わせることにならないだろうか?

hpo.hatenablog.com

体内の微生物バランスが変わりうるもの、人から人へ影響が受け継がれていくものだという事実に少々心当たりがあるのだがあまりにプライベートな体験なのでここにはかかない。自分の9割である体内、腸内細菌とはこれからも仲良くしていきたいものだ。