読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

遠藤周作に救われる

男と女が付き合えば少しでも長く一緒にいたくなる。長く一緒になればなるほど、一緒に暮らしたくなる。相手の全てを知りたくなる。一緒に暮らして、全てを知ろうとすれば、自然相手の悪いところも見えてくる。知らなくてもいい過去や、知らなくてもいいうすら暗い想いなども。

で、そういう時に遠藤周作先生を読むととても救われる。

人生には何ひとつ無駄なものはない (朝日文庫)

人生には何ひとつ無駄なものはない (朝日文庫)

本書で語られたそれぞれのエッセイなどのどこまで実体験で、どこまでが人からの相談なのかわからない。人の心の弱さ、人の心のつまづきが赤裸々に語られる。人というのは弱いものだと。

では、家族や親友さえも知らない「私」とはいったい何だろうか。正宗白鳥はむかし「誰でもそれを他人に知られるくらいなら、死んだほうがいいと思う秘密がある」と書いたが、この「私」とはそんな意識的な秘密を含めたもっと深い私なのかもしれない。
そして―――
そして、私は自覚的な自分―――私ならば遠藤周作―――以上に、もっとこのはみ出た自分、それだけではない自分、得体の知れないひそかな自分―――狐狸庵のほうが本当は神というものと関係があるような気がしているのである。

私を動かすX - HPO機密日誌

ああ、「沈黙」を観に来たい。

chinmoku.jp