読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

Fantastic Beasts and Where to Find Them (ネタバレあり)

ようやく観てきた、二回も。

wwws.warnerbros.co.jp

しかし、なんでサブタイトルの「Where to Find Them」が「魔法使いの旅」になるんだろう?実際に本まで出版していることに基づく映画なのに、しかも、シリーズになるはずだろうに、なぜ?

幻の動物とその生息地 (ホグワーツ校指定教科書 (1))

幻の動物とその生息地 (ホグワーツ校指定教科書 (1))

いや、映画はとてもよかった。主人公のニュート・スキャマンダーを演じるエディ・レッドメインは、「博士と彼女のセオリー」のホーキング教授役以来興味を持って観ている。「セオリー」の妻役だったフェリシティ・ジョーンズが、「ローグ・ワン」で大抜擢されているし、よきかなと。

Fantastic Beasts and Where to Find Them

FANTASTIC BEASTS AND WHERE TO FIND THEM – Official Movie Site - Now Playing In Theaters

ティナは、一回目観た時、なんかちょっと変!とか想ったのだが、背景を理解して二回目みるとよくよく通じる。J.K.ローリング氏の描くキャラはどこか内気というか、謙虚さを感じる。ニュートももちろんだが、ティナもそういう性格なのだと共感するとよくわかる。

で、ティナの妹、クイニー・ゴールドスタインを演じるアリソン・スドルに興味をもった。とても声が素敵、やさしさが伝わる方だと。調べてみたら、なんと彼女は、ファイン・フレンジーという名前で早くからシンガーソングライターとして活躍しているという。びっくり!

www.youtube.com

映画の日本語のサイト、ローリング氏直筆の米国の「アメリカ合衆国魔法議会」の歴史説明が力が入っている。これはこのシリーズは英国ではなく、アメリカを舞台に今後展開されるということなのだろうか?

www.pottermore.com

この中で「ウールワースビルのふくろう」について触れている。なんと実在すると。

img_0 (1)

左上:ニューヨークのブロードウェイ。
右上:Catfordブロードウェイ劇場。
左下:マンハッタン、ニューヨークのウールワースビル
右下:コネチカット州のトランブルの橋の上。

今後が楽しみかなと。

blog.imalive7799.com