読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

山田無文師の「般若心経」読了

しばらく前に感動とともに読了していた。

般若心経

般若心経

最初からすべてを山田無文師は書かれていたのだと、「第八講」の「呪」の節まで来て理解した。

彼岸は理想の国であります。しかも天国のように手の届かん世界でもなく、極楽浄土のように死んでから行くところでもなく、お互いが努力さえすれば、何か方法さえ企てれば行ける世界が彼岸なのであります。理想の世界ではあるが、現実を離れた世界ではない。お互いが工夫サエすれば必ず行ける世界が、向こうの岸であります。これが彼岸であります。 その向こう岸、理想の国に行くという意味が、「波羅蜜」であります。

山田無文師の「般若心経」を読み始める - HPO機密日誌

これが「理解」であって、「空」になれていない、ましては「彼岸」には遠く手の届かない凡夫の私だ。

救われた。救われた。
完全に救われた。
みんな完全に救われた。
ここがお浄土だったのだ。