読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

「人間の建設」を読み始める

岡潔小林秀雄の対談。小林秀雄の文章はいくら読んでもわかる気がしないのが、この対談はよく伝わる気がする。

人間の建設 (新潮文庫)

人間の建設 (新潮文庫)

昨日、クイズ番組で「男性は作品を創る。しかし女性は○○を創る」を埋めよという問題が出ていた。高校生がしばらく考えた上で「女性は男性を創る」と答えたのは立派だった。学問をするにも、社会を構成するにも、まずは「人間の建設」が先だということなのだろう。

岡潔という人は全く知らなかったが、大変共感するところがある。「数学における感情」とは、まさに「数覚」の問題だ。「感情」の問題からアインシュタイン量子力学の矛盾の問題へと論が進んでいる。

hpo.hatenablog.com

もうひとつ、岡潔が二言目には「人類が生き延びれれば」ということを言う。これも百万光年の孤独というか、いまだ知的生命体と接触できないというのは知的生命体があまりにかよわい存在であるという証左である気がしてならない。

hpo.hatenablog.com

個性と理性というか、個性を重んじるのは無明への道だと。自分を捨てて学問の道を進むところにこそ、我ではない、真の個性の発揮があるという話しも感銘を受けた。

先を読むのが楽しみだ。