読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

リベラルとは自由民の思想

リベラルとは、自分も人も奴隷にしないという思想だと私は想う。前にも書いたことだが。

hpo.hatenablog.com

リベラル・アーツの逆を考えれば、人が奴隷になってしまう状態が分かる。

  • 暮らしていけないほど収入が低い。家族を養えないほどの貧困にある。
  • より高いサラリーをもらうだけの職業訓練、技術がない。
  • リーダーシップを発揮する意欲がない。言われるがままに働くことしかできない。
  • より高い技術、より高いリーダーシップを身につける学習意欲がない。
  • 自分の人生を貫く思想信条がない。
  • 自分と家族を守るために働く、闘う意欲がない。よって、政治にも関心がない。

こう考えると、確かに日本の憲法には、奴隷状態にならないことを担保する権利がならんでいる。

[民s]日本国憲法(第3章 国民の権利及び義務)

確かに、この角度から考えると、社会保障が最低限は必要であることがわかる。しかし、あえてもうひとつ奴隷状態を定義すれば、「家族、他人、社会に依存し、自ら働こうとしない」ということになる。リベラルであることは、人を奴隷状態に陥らせないために必要な考えであるが、過剰に保護することは逆に人を奴隷状態に陥らせ、そこから抜け出れなくする。

自由人とは、文字通り自分が自分の主人である人間だと。東洋流に言ってしまえば、中庸の実践が身についた君子ということか。

奴隷にならないための技芸 - HPO機密日誌