読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

「捨てられる銀行」を読み始める

ある金融機関の方に教えてもらった。金融庁が大きく変わろうとしていると。

捨てられる銀行 (講談社現代新書)

捨てられる銀行 (講談社現代新書)

内容紹介
森信親・金融庁長官が剛腕を揮う、金融改革とは何か。会議の一新。銀行を飛び越えて、取引相手の中小企業に銀行について徹底ヒアリング。金融検査マニュアルを実質廃止して、金融機関の事業性を評価する新基準。始まったばかりの改革の行く末と狙いを明らかにする。
森信親、金融庁長官の素顔。森長官が地銀から異例の一本釣りをして改革の担い手として抜擢した日下智晴氏の正体。地域金融のトップランナー、多胡秀人氏の信条。
金融検査マニュアルや信用保証協会の存在で、顧客を見なくなり、目利き力を失った金融マンの問題とは。ノルマ達成がメインだった人事評価を一変せよ!
稚内信金北國銀行きらやか銀行北都銀行など、改革をいち早く始め成果を上げた地域金融のケーススタディ


内容(「BOOK」データベースより)
「金融検査マニュアル」は廃止、地域の顧客にリスクをとれない銀行は消滅する!新しいビジネスモデルが求められる時代に生き残る銀行とは?金融マン、経営者必読のスクープレポート!

本当に金融庁地方銀行を本来あるべきリレーショナルバンクに変えることはできるのか?地方総成、中小企業育成の本来の仕事を果たせるようになるのか?興味津々。