読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

「胸の回転で振る」

3日連続ゴルフを終えて、ウッド系のショットがあまりに当たらない、右に出ることが課題だと深く自覚した。そんな時、コンビニでバックスウィングについて特集している「ALBA」という雑誌に目を引かれた。

これだと。

胸の回転で振る

私のショットは右プッシュなんてもんではないひどいレベルなのだが、ここだと感じた。タメとか、体重移動などは、最新のテクノロジーのつまったクラブでは必要ないと。最新のクラブは振り回せばいいと。同じ特集で「左足体重アドレスで軸ブレしない」ともあった。考えてみれば、以前はひたすら肩を回転させることだけを考えて打っていた。バックスイングのトップでは左肩があごの下に。そして、フィニッシュでは右肩があごの下へと。我慢しきれずにさっそく練習場へ。

大汗かいて、ひたすらドライバーをたたいた。ドライバーを「あげよう」とするのでなく、左足にのせた体重を軸に回転させて打つようにすると、ドライバーショットがまっすぐ出始めた。恥ずかしい話し、ユーティリティとドライバーで大して飛距離も代わらなかったのが、「胸の回転で振る」原点に立ち戻ると確かに飛ぶ。

次回はドライバーとユーティリティ一本ずつ、それと6番以降のアイアン、ウェッジ三本でシンプルなゴルフをしたい。