読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

「右の腿の付け根に体重を感じる」

golf

相変わらず、ゴルフでまわる度にスコアを落としている。がっかり。今日は、それでも大先輩ゴルファーから、「右の腿の付け根に体重を感じて打ちなさい」と言ってもらった。私が素振りでいかに体幹の中心をぶらさずに振るか、そのために敢えて右膝を少し曲げて打つかを練習している時にいただいた一言。「うまく足の付け根に体重を感じられると、ズボンのしわが斜めに入る」ということも言っていただいた。そういえば、鶴見功樹プロのDVDに左右のポケットを手で持って腰の回転を練習しろというドリルがあった。その感覚なのかなと。

これに加えて鶴見プロの「右膝をさげるのでなく、左膝を伸ばす」ということを意識した。すると、ドライバーでも、アプローチでも、クラブと身体が一緒に動くように感じられた。スウィングが安定していくように想った。ただ、そのままだと体幹が後ろに引いてしまうので、この克服が今後の課題だと想う。

身体の上下動、前傾姿勢がかなり大きな課題だなと想う。そのヒントが得られるラウンドができてとてもうれしい。