読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

国会中継で国民の命を危険にさらす民主党議員

国会の予算委員会の中継を聞いていて、民主党の議員の平和ぼけした質疑にいい加減にしろと言いたくなった。後藤さん殺人が許しがたい「犯罪」であることは間違いない。それ以上にISILからのメッセージは重要だ。ISILは国ではないが、事実上の「宣戦布告」なのだ。すでに、日本は戦争状態にあるのだと認識すべきだ。

Abe, because of your reckless decision to take part in an unwinnable war, this knife will not only slaughter Kenji, but will also carry on and cause carnage wherever your people are found. So let the nightmare for Japan begin.

'Let the Nightmare for Japan Begin': New Video Shows ISIS Militant Beheading Japanese Journalist

にも関わらず、殺害後初の国会中継で、安倍首相、石破大臣に対して責任や、個人的な見解を問う質問を繰り返す民主党議員はいったいどこの国の人間なんだろうか?まして、すでに先週の内に党首の岡田氏が国の危機を認識し、党員に呼びかけていたのに、質疑で批判しかできないというのでは、民主党はすでに党としてのていをなしていない。

 岡田氏は21日、記者団に「政府の足を引っ張るようなことになっては決していけない」と述べ、事件対応で政府に全面協力する意向を示した。だが岡田氏の声は党内には届かなかった。

民主まるで“学級崩壊”…岡田氏「政府後押し」も首相批判続々:イザ!

 民主党岡田克也代表は1日、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」が後藤健二さんを殺害したとされる映像を公開したことについて、「痛切な悲しみと強烈な怒りを禁じ得ない。ISIL(イスラム国)による蛮行は絶対に許されず、いかなるテロ行為も容認することはできない」と述べた。党本部で開いた党連絡会議後、記者団に語った。

後藤さん殺害映像 民主・岡田氏「強烈な怒り」、国会決議を提案 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

石破大臣が繰り返し、「内閣の決定に従う」と答弁していた意味すら伝わっていないのではないか?この国難に「個人の見解」を問うことがどれだけ日本の弱腰、足並みの乱れを見せて、日本国民の命を危険にさらしているか自覚がない。

まして、民主党議員は今回のテロに荷担しているとすら言える。個人の見解、責任を問うならまず自党の中でやれと言いたい。