読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

「ベイマックス」

見た。噂に違わず、いい映画だった。背景も、キャラクターも、日本のアニメをそのままもっていってなおかつユニバーサルになっていた。


『ベイマックス』Story/AI プロモーションビデオ - YouTube

途中から戦隊ものまで入っていると思ったら、もともとスーパーヒーローという設定からスタートしたのだと知った。

原作は6人の日本人ヒーローが主に日本を舞台に戦う『ビッグ・ヒーロー・シックス』だが、設定は大きく異なる。2009年にディズニーがマーベル社を買収したあと、マーベルコミックの中で映画化できそうな作品を探しているときに、監督のドン・ホールがデータベースの中から同作を発見 。


掲載時にさほど人気が出なかったため、マーベル社のスタッフからも忘れられていた作品であり、ホールも初めて知る作品だったが、タイトルと日本的要素に魅かれ、プロデューサーのジョン・ラセターに話を持っていき、ディズニーアニメに合う内容に変更されて脚本が創作された。原作では初期チームメンバーとして登場していたサンファイアとシルバー・サムライは、『X-メン』の映画化で20世紀フォックス社が権利を持っていたため、使用できなかった。

ベイマックス - Wikipedia

なんかマーベルの日本ものから離れられないらしい。

エンディングタイトルを見てショックだったのは、主要スタッフに日本人がいないこと。日本人がいなくともここまで日本を再現できるのかと。