読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

「ハムレット」になぜノルウェー王子が出てくるのか?

歴史に大変詳しい方と会食した。この方からヨーロッパの歴史の話しを聞いて、ハムレットのラストシーンの謎が解けた。1564年(ひとごろし)に生まれ、1616年(いろいろ)に死んだシャークスピアの本領発揮というべきハムレットは、ラストまでに全登場人物は死んでしまう。そして、唐突に現れたノルウェーの王子、フォーティンブラスがデンマークの王位継承権を主張して終わる。

なぜノルウェー王子なのか?そもそもイギリス人であるシェークスピアないし、シェークスピアの名前を使った劇作家はデンマークの話しを上演したのか?話しは、10世紀のフランスにさかのぼる。当時のフランス王は、ノルウェーなどの北からのバイキングの度重なる侵入に悩まされていた。度重なる侵入に、もうこれで勘弁してくれと現在のルノマンディー地方を割譲。割譲されたノルマン人の王は、ノルマンディー公となりフランス王に仕える立場となったのだと。ノルマンディーとは、ノルマン=ノースマン=北の部族の意だと。

ノルマンディー公国ノルマンディーこうこく、フランス語: Duché de Normandie)は、デンマークノルウェー、ノルマン・ゲール人、オークニーヴァイキングおよび デーンロウから来たアングロ・デーン人といった様々な民族が9世紀のフランスに侵入したことに起源を持つ公国である。

ノルマンディー公国 - Wikipedia

そして、このノルマンディー公の末裔であるウィリアム征服王がノルマンコンクエストを行い、イギリス王になった。従って、デンマークノルウェーはシェークスピアの16世紀になってもイギリス王朝にとって親戚となる。ひとごとではないというのがまず背景。

ハムレットデンマークがいつの時代かは不明だが、北欧の民族の往来がノルマンディーを含めて多くあった時代であったのだろう。確かに、デンマークを地図で見るとノルウェーとは海を挟んで対面している。確かに王位継承権を主張したくなる距離だ。

ということで、イングランドからは遠く離れたデンマークであっても、ノルマンディー公国をはさんでまたいとこくらいの関係であったことは、イギリス人貴族であれば常識であったろうし、庶民のレベルでも多少は知られていたのだと。

プランタジネット朝 - Wikipedia

ということで、ますます革職人の息子、ウィリアム・シェークスピアにこれだけの歴史的知識、理解がありえたのかということになる。

フォーティンブラスが何者であったかは、こちらのブログに書かれている。すごい!