読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

お金は信頼の高きに流れる

ま、一般には「お金は金利の高きに流れる」と。だが、この言葉には「信頼」という要素を欠いている。ジャンクボンドのキングとよばれたマイケル・ミルケン以来、金利と信頼は分離されてしまった。

マイケル・ミルケンという人物がいい方法を提案します。

分散投資です。

ジャンクボンドも、寄せ集めることで何社か潰れてもトータルでは儲かる仕組みを作ります。

ジャンクボンド・LBOの歴史 - ぷれすりりーす

ミルケンは、リスクを別の方法で計算した場合、実際の利回りと乖離ができる点に注目した。格付外の社債をひとつずつ売るのではなく、パッケージにして組み合わせた場合、全てがデフォルトする可能性は低くなり、更に複数の債権を組む際に、市場価格、リスク率、利回りなどを勘案してポートフォリオを作成すれば、最終的に計算の上でメリットがデメリットよりも高くなると考えた。

マイケル・ミルケン - Wikipedia

ここが金融工学の焦眉であったと。ブラック=ショールズの方程式より遙か前。そして、後のえせ金融工学よりははるかに有効であったし、中小企業に資金を回すことで企業の成長、社会の成熟に資するものがあった。

いや、ミルケンを褒めてはいけない。

あなたは明日倒産するかもしれない男に金を貸すか?そもそも、金を返せないような風体の男を信頼するか?ごくごく自分の身近な場面で言えば、人との約束を守り、時間を守り、借りた金は約束通り返す人が信頼を得ることができる。信頼があれば、お金は自然とついてくる。英国のことわざに「約束を守る人間は人の財布をも自分の財布にできる」という言葉があるそうだが、確かにそうだなと最近思える。

おっとっと、ちょっと不正確だった。

支払いをきちんとする人は、他人の財布の支配者である。

[出典]

フランクリン
ベンジャミン・フランクリン
(18世紀米国の政治家・科学者・著述家、アメリカ独立宣言起草者の1人、1706〜1790)

名言ナビ - 【名言データベース】