HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

子どもをなすことと相転移の平衡状態

スケールフリー・ネットワークでは、常にノードが加わる生成モデルといえる。比較的簡単にネットワークは平衡状態になりやすいのだが、ノードが加わり続けることは転移の臨界状態に留まることだ。

砂山を例にした臨界自己組織化(self-organized_criticality)の説明を読んで、子をなす、死ぬという過程がなければあっというまに平衡状態にネットワークが達するのでないかと感じた。逆にいえば、一番最初の我々の先祖が得た形質がつながること、生成と死滅を繰り返すことで平衡状態にならないということだったのかもしれない。だからこそ世界はこんなにもべき乗分布に満ちているのだ。正規分布には生物の猥雑さが感じられない。