HPO機密日誌

自己をならふといふは、自己をわするるなり。

「ダイヤモンド・エイジ」と「ファイアーボール」

ようやく読了した今、結論から言えば、「ファイアーボール」とは「ダイヤモンド・エイジ」そのものだと考えている。この事実は荒川航監督の創造性をひとつもおとしめるものではない。hpo.hatenablog.comダイヤモンド・エイジ〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)作者: ニ…

「環境とは自分でつくるもの」

実は、例によって(?)台湾の学生達と多少の交流があった。台湾の台湾人学生達とも、日本からの留学生とも。そのうちのお一人がこうおっしゃった。 「台湾に来て三回泣きました。最初は両親と離れて台湾に来た時。二回目は、長く日本人と会ってなかった後に…

「楽園追放」

Amazonプライムが次第に手放せなくなっている。事前にスマフォにダウンロードしておいて、機内で「楽園追放」を見た。予想以上だった。rakuen-tsuiho.com www.youtube.com 軽快でわかりやすいストーリー、仮想世界と荒廃した地球の表現、人類の新しい可能性…

−5度から30度へ

先日の酷寒のモンゴル、ウランバートル市から、今度は季節外れの雨風が吹きすさぶ台湾、台北市に。hpo.hatenablog.com今回も夜ついて、打合せして、翌日、翌々日目一杯仕事して日本へ帰国する予定。二泊三日。機中泊がないだけ儲けものと考えるべきか。www.y…

インフレ目標未達の原因は不動産価格の出遅れにある

日銀のインフレ目標が達成できずにいるので見直せと。www.nikkei.com例えば、お隣中国のGDP成長を見ていると、不動産セクターが大きく貢献している。 16年不動産業の成長率はGDP成長率より高い8.6%、GDPシェアは6.5%で、GDP成長率への寄与度は8.3%(8.6%…

しがらみのない土地の価値

「土地代データ」という無料で見れるとは信じられないくらいよくできたサイトを「発見」した。我が町のかなり詳細でみやすい「土地代」(地価)が一目瞭然となる。これが日本全国のどの都市のデータでも見れるのがすごい!tochidai.info日本の地価のベスト1…

内部留保課税は80年前に決着がついていた

先日来、内部留保課税について議論をしていた。内部留保課税は、会計学的にも、税務的にも適切ではない。配当性向を強める、賃金に向かわせるという目的では、既存の税制である留保金課税制度、外形課税制度などに整合性を持たせてパッケージとして改訂する…

「ダイヤモンド・エイジ」を読み始める

「ファイアーボール・ユーモラス」を見れないまま。いまの私の環境ではD-LIFEをどう見たらいいかわからない・・・。まあ、そのうちYoutubeかなにかで公開されるに違いないとたかをくくっている。hpo.hatenablog.comそんな中、荒川航監督が「ファイアーボール…

ターニャ・デグレチャフ打法

ゴルフの練習をしていてどうにもボールにクラブヘッドが当たらなくなった。なんとはなしにターニャのように目を見開いて打ってみてはどうかと思った。「目を見開く、クラブをゆっくりふる」と唱えて打ってみたらこれがなんと当たる!当然、頭の中でかかって…

内部留保金課税の「会計学的」検討

非常に疑問の多いエントリー。タイトルから「会計学」ということは削除すべきだと主張したい。www.yutorism.jptogetter.comこんなに批判的に人のエントリーに意見するのは、十数年ブログをやってきて初めて。 ■追記1このツイット、エントリーの後半を読み落…

労働時間とメンタルヘルス

NHKの女性記者の過労死が伝えられた。痛ましい事件ではある。が、厚生労働省の資料によると激務、疲労による労災はむしろ減っているようだ。www.asahi.com 過労死等に係る統計資料 増えているのは、メンタルヘルス系の労災。身体よりも先に、心の方が先に折…

ファイアーボールメーカー

魅力的なアニメ、ファイアーボールの創造主、荒川航監督のインタビュー読みたさに昔のアニメージュを買ってしまった。 アニメージュオリジナル Vol.4 (ロマンアルバム) ムック – 2009/7/31 @ AMAZON このロングインタビューを読んで荒川航監督はきわめて誠実…

幼女戦記 シーズン1

はまった。ほぼ事実上の一気見。www.amazon.co.jpタイトルに「シーズン1」とつけたのは、原作では12話までで完結していないため。期待を込めてつけた。エンディングの「Los! Los! Los!」を思い切り歌いたい気持ちだ。www.youtube.comターニャ・デグレチャ…

先輩の本、先輩の生き様

モンゴルの行き帰りで、先輩の学校の先輩の本と、モンゴルで苦労をされて学校を作られた方の本を読了した。両方ともすばらしかった。hpo.hatenablog.com学校の先輩の本からは、まさにこれからの経営者としての生き方のお手本を見た。苦学して米国の大学で学…

モンゴルの学生との対話

詳細は書かないが、モンゴルの学生達と1時間ほどセッション、というか質疑を行った。みんな日本には大変興味を持っている様子がうかがえた。思い出せるままに聞かれた質問を列挙しておく。 日本の発展は、人々の信頼の深さが大きく貢献していると想います。…

2年ぶりのウランバートル

「いいことをしよう!」という動機でのモンゴル行き。今回は二回目。初日は楽しんでしまった。 なんというか、ウランバートルまでのフライトは長すぎないし、食べ物も口に合うし、人々とも話しが合う、好感が持てる。前回と同じ。hpo.hatenablog.comさてさて…

英語はフォノティック?

先般から拝読してるある先輩の人生の記録を興味深く読んでいる。留学され言葉に苦労されたくだりは、自分も米国留学経験があるのでよくわかる。米国に住むいとこから、「ひでき、アメリカ人と同じに話そうとしなくていいよ。アメリカ人は日本人を尊敬してい…

日野原先生の最期のインタビュー

先日、105才で亡くなられた日野原先生の生前のインタビューをNHKで見た。ほんの一瞬だけだったが、大変印象的だった。インタビューの中で、「病になって、おろおろすること以外、何もできない自分を発見した。いくつになっても人と向き合って生きてると日…

保守の守りの選挙に必要なこと

今回の「前原乱心」がはからずも、民進党の事実上の解党を生んだ。結果、小池「女王様」の選択により旧民進党の候補者の選択が進むことになる。これは、中韓寄りの「リベラル」政治家が抹殺を意味する。このまま選挙戦が進めば、自民党と希望の党と公明党で…

パンドラム

例によってAmazonプライムで見た。面白かった。SF的ガジェットがいっぱい。6万人収容の宇宙船の雰囲気も好き。パンドラム (字幕版)発売日: 2013/11/26メディア: Amazonビデオこの商品を含むブログを見るハインラインの古典的SF、「宇宙の孤児」を思い出した…

弾丸よりも、ミサイルよりもツイット

最近、トランプ大統領偉いなって思うのは、前代未聞の北朝鮮から各国政府への「公開書簡」まで引き出したこと。www.nikkei.com「公開書簡」は、北朝鮮の断末魔というか、「僕らはアメリカちゃんに交渉の席について欲しくて、駄々こねてただけなのに、アメリ…

花様年華

たまたまAmazonプライムで見た。休みの日の時間調整で、寝床でiPhoneで見始めた。 期待していていなかっただけに、マギー・チャンのチャイナドレス、トニー・レオンの優柔不断さんに不意打ちされた。 https://twitter.com/nielsenhoriuti/status/82064796721…

総選挙のマーケティング化

以下、政策論争、主義主張のぶつかり合いとしての選挙ではなく、過去から見たトレンドから考えるいわばマーケティング的発想から今回の選挙を考えてみたい。過去をふりかえれば、現在の状況の原点となるのは、1990年代前半となる。もっとピンポイントで言え…

AirMeasure AR

おもったよりも早くiPhone8が届いた。早速移行手続きを始めた。クラウドを様々な形で使っているので、移行自体はあっという間に終わった。あまりのスムーズさに変化が感じられないほどだ。www.apple.com改めて8の特徴を探すと、AR(拡張現実)だと出てくる…

「雄と雌の数をめぐる不思議」を読み始める

「赤の女王」の翻訳者である長谷川真理子さん自身がすぐれた研究者であることを知った。雄と雌の数をめぐる不思議 (中公文庫)作者: 長谷川真理子出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2001/11メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 4回この商品を含むブログ (2…

SFとしてのファイアーボール

本作品はSFとして完璧だ。短いアニメーションフィルムであり、かわされる会話はどこかおかしい。すれちがってばかりだ。しかし、ここに至る状況、歴史の流れは考え抜かれている。"SF is Fabulous."なのだ。 いかにも遠い未来、ありふれた惑星にて___。世…

電気自動車、EVが変える企業構造

全く門外漢の私だが、EV車が普及、メジャーになっていくと地域社会の構造をも変えかねないと聞いて、関心を持ってみている。このPRESIDENT誌の対談記事は得るものが多い。president.jppresident.jpある自動車にお詳しい方のご意見を拝聴した。その方のご意見…

北朝鮮と開戦前の日本

自分の言うのもなんだが、私はばり保守だ。わたしゃ驚きました。本当に驚いた。RT @hidekih: トランプ大統領の国連の演説のお話しですね。米国大統領が拉致問題を明確に発言したのは、よい兆候ですね。 https://t.co/fTdyr4XMdX— めいろま「不寛容社会 」発…

「平時には将を養い、戦時には兵を養う」

亡くなった父が、「平時には将を養い、戦時には兵を養う」と話していた。何度か出典を探してきたのだが、まだ分からない。ただ、今回ぐぐってみて、もしかして、「平時養兵少、戰時用兵多(平時には兵を少なく養い、戦時には兵を多く用いる)」という意味で…

センス8 シーズン1

なかなか面白かった。最後まで来て8人が本当につながった。「共感性」こそ、人類に本当に必要ななにかなのかもしれない。www.netflix.comyoutu.be我々の祖先が他の動物から見れば圧倒的な進歩を果たした社会的な要因は分業だ。現在にいたるも、いかにセグメ…